ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

粘土の味「オフリミット」合田団地&和田ながら、京都の同い年がタッグ

24

粘土の味「オフリミット」ビジュアル

粘土の味「オフリミット」ビジュアル

粘土の味「オフリミット」が、2018年1月26日から28日まで、京都・京都芸術センター フリースペースにて上演される。

努力クラブの合田団地、したための和田ながらによるユニット・粘土の味。本作では合田が新作を書き下ろし、和田が演出を担当する。生きることに絶望し、公園のベンチに座り続ける1人男のもとに、1人の女が現れ……。

京都を拠点に、2011年に自身のユニットを始動させ、15年から閉館まで京都・アトリエ劇研創造のサポートカンパニーとして活動した1987年生まれの合田と和田。合田は「僕もながらさんも今年三十歳になった。面白いことをするには良い年齢なんじゃないかと思う」とコメントし、和田は「せっかく粘土の味なんていう舌がむずむずするような名前をつけた企みなのだから、ヘンテコなところに行きたい」と述べている。

合田団地コメント

自慢するわけじゃないけど最近演劇のことなどで忙しい。
この企画の話が出たときは忙しくなかった。ながらさんはそのときから忙しそうにしていたけど、最近の方が忙しそう。二人とも順調に経歴を重ねて、昔よりも演劇が上手になったんだろうと思う。僕もながらさんも今年三十歳になった。面白いことをするには良い年齢なんじゃないかと思う。大人なんだろうけど子ども扱いしてほしい。思春期の逆。そんな二人が頑張ります。

和田ながらコメント

ふしぎなことに、同い年の人というのはそうでない人よりも少し気になってしまう存在で、とりわけ、同じ京都で演劇をフィールドに活動している合田くんのことは、見まいとしても見ちゃう。そんな彼の書き下ろしを演出しようとしている。努力クラブでもなくしたためでもなく、せっかく粘土の味なんていう舌がむずむずするような名前をつけた企みなのだから、ヘンテコなところに行きたい。

KAC TRIAL PROJECT / Co-program 2017 カテゴリーD(KACセレクション)粘土の味「オフリミット」

2018年1月26日(金)~28日(日)
京都府 京都芸術センター フリースペース

作:合田団地
演出:和田ながら
出演:石川信子、金子仁司、長洲仁美、堀井和也、FOペレイラ宏一朗、山口惠子

ステージナタリーをフォロー