ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

田辺誠一の“誰も席に着けない”絵がグッズ化「誰か席について」まもなく開幕

157

左から倉科カナ、木村佳乃、田辺誠一、片桐仁。

左から倉科カナ、木村佳乃、田辺誠一、片桐仁。

明日11月10日に東京・シアター1010で開幕する「誰か席に着いて」のプレビュー公演に先がけ、本日11月9日、シーンを抜粋しての公開抜き稽古と囲み取材が行われた。

ペンギンプルペイルパイルズの倉持裕が作・演出を手がける本作は、2組の夫婦を題材とした新作コメディ。物語の舞台となるのは、芸術家支援を行うとある財団だ。翌年の助成対象者の選定に集まった面々は、“芸術の未来”を語るどころか個人的な問題で頭がいっぱいで……。

映画プロデューサーの有園哲朗役を田辺誠一、哲朗の妻で脚本家の織江役を木村佳乃が演じ、ギタリスト・作曲家の染田奏平役に片桐仁、奏平の妻で元プロダンサーの珠子役には倉科カナがキャスティング。また共演者には、福田転球富山えり子が名を連ねている。

囲み取材に出席したのは、田辺、木村、片桐、倉科の4人。田辺は「みっちり1カ月稽古しました。お客さんからどんな反応があるか楽しみです」と笑顔を見せ、木村は「笑わせようとして演技するのではなく、真剣に演技している私たちを観て、お客さんに笑ってもらいたいですね」と抱負を述べる。また倉科は「稽古場が穏やかだったので、気持ち的にその延長で本番まで来てしまいました(笑)」と稽古の様子を振り返り、片桐は「和気あいあいと稽古してきたこともあって、普段から家族のような雰囲気が出てきました。お客さんに笑ってもらって初めて答えが出る作品なので、緊張はしますが、早く皆さんの前でやりたいです」と意気込みを語った。

最後に田辺が登壇者を代表して挨拶。「6人が織りなす大人のコメディになっています。ぜひ劇場にお越しください」と観客にメッセージを送り、会見を締めくくった。プレビュー公演は11月12日まで。その後、11月から12月にかけて東京・シアタークリエほか全国で上演される。なお物販コーナーでは、“画伯”の愛称を持つ田辺の描き下ろしイラストがプリントされた、“誰も席に着けない”トートバッグおよびTシャツが販売される。

「誰か席に着いて」

2017年11月10日(金)~12日(日)※プレビュー公演
東京都 シアター1010

2017年11月15日(水)
石川県 本多の森ホール

2017年11月18日(土)・19日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2017年11月21日(火)
静岡県 浜松市浜北文化センター

2017年11月23日(木・祝)
福岡県 久留米シティプラザ

2017年11月25日(土)
広島県 はつかいち文化ホール

2017年11月28日(火)~12月11日(月)
東京都 シアタークリエ

2017年12月13日(水)
新潟県 上越文化会館

2017年12月15日(金)
山形県 やまぎんホール

2017年12月17日(日)
福島県 とうほう・みんなの文化センター

作・演出:倉持裕
音楽:栗コーダーカルテット
出演:田辺誠一木村佳乃片桐仁倉科カナ / 福田転球富山えり子

ステージナタリーをフォロー