ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

岩松了×上村聡史、ヤスミナ・レザ最新作「大人のけんかが終わるまで」上演決定

174

「大人のけんかが終わるまで」出演者。左から鈴木京香、北村有起哉、板谷由夏、藤井隆、麻実れい。

「大人のけんかが終わるまで」出演者。左から鈴木京香、北村有起哉、板谷由夏、藤井隆、麻実れい。

「大人のけんかが終わるまで」が、2018年7月14日から29日に東京・シアタークリエで上演される。

ヤスミナ・レザは、何も書かれていない白い絵をめぐり男3人が大ゲンカを繰り広げる「ART アート」や、「おとなのけんか」のタイトルで映画化もされた子供同士のケンカから親同士のケンカに発展しまうコメディ「大人は、かく戦えり」などで知られる劇作家。彼女の最新作が日本に初上陸する。今回の日本版では上演台本を岩松了が、演出を文学座の上村聡史が担当する。

2015年にドイツで初演された本作は、破局寸前の不倫カップルであるアンドレアとボリス、偶然彼らと一晩居合わせることになった、ボリスの妻の友人・フランソワーズとエリック、そしてエリックの母という男女5人のコミカルな会話劇。出演者には鈴木京香北村有起哉板谷由夏藤井隆麻実れいが名を連ねた。なお6月30日・7月1日には東京・シアター1010にてプレビュー公演が実施される。

鈴木京香コメント

ドイツで本作を観劇しましたが、大人がじっくりと楽しむというヨーロッパでのこの作品の受け入れられ方を素晴らしいと思いました。大人の大人のためのこだわりが随所に感じられるところが魅力の作品だと思います。演出の上村聡史さんと今回初めてご一緒しますが、台詞一行の意味を深く掘り下げる粘り強さを持った丁寧に演出なさる方、本当に楽しみです。自由を謳歌しているように見えて、実は人生と格闘している現代の大人たちを描いており、洒落ていてユニークだけれど切なさを伝える作品になるよう、しっかりと励みます。

北村有起哉コメント

作者 ヤスミナ・レザ、上演台本 岩松了、演出 上村聡史、そして共演者の4人の方々。
全てが僕の脳内でパチリとハマりました。ハマりすぎて怖いくらいですが。とにかくいまから楽しみなだけに、暴走しないようにしっかり手綱を握っていきたいと思います。

板谷由夏コメント

役者として新たなステージへいくためにも挑戦すべきではないかと感じて、この作品への出演を決めました。共演者の方々は皆さん素晴らしいパワーを持った方ばかりなので、皆さんとのお芝居を生で体験出来ることが楽しみです。自分にとって本当に貴重な経験になると思います。観てくださる方々の心に響く舞台をお届けできるよう、ただただがむしゃらに進みたいと思います。

藤井隆コメント

今回、お声をかけて頂きとても嬉しく思っております。とても緊張しますが、頑張ります。共演者に鈴木京香さん、北村有起哉さん、板谷由夏さん、そして麻実れいさんがいらっしゃって、クラクラしてますが、私に出来る事は限られておりますので、稽古期間中、皆さんに振るい落とされないように必死に食らいついていけたらと思います。本番をお客様に楽しんで頂けるよう上村聡史さんに教えて頂いて稽古を存分に楽しませて頂こうと思います。
シアタークリエの舞台に立たせて頂けるのが初めてでそちらも楽しみのひとつです。

麻実れいコメント

「炎 アンサンディ」出演の後、再び上村さんの演出を受けたかったので、この作品への出演を決めました。共演者には力強い素敵な役者さんが揃っていますので足を引っぱらないように頑張りたいです。上村さんの創られる空気感の中、皆さんと御一諸にイヴォンヌとして生きていかれたらと願っています。

「大人のけんかが終わるまで」

2018年6月30日(土)・7月1日(日)※プレビュー公演
東京都 シアター1010

2018年7月14日(土)~29日(日)
東京都 シアタークリエ

作:ヤスミナ・レザ
翻訳:岩切正一郎
上演台本:岩松了
演出:上村聡史
出演:鈴木京香北村有起哉板谷由夏藤井隆麻実れい

ステージナタリーをフォロー