ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

極上文學「風の又三郎・よだかの星」に市瀬秀和、藤原祐規、鈴木裕斗が出演

448

2018年3月に上演される「極上文學」シリーズ第12弾「風の又三郎・よだかの星」の第1弾キャストが発表された。

出演が決定したのは「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」や、舞台「錆色のアーマ」などに出演した市瀬秀和。そしてシリーズ第10弾「春琴抄」にも出演した藤原祐規鈴木裕斗が名を連ねている。

「極上文學」は、日本文学の朗読に、音楽やキャストの動きを加えて上演するシリーズ。12作目の題材には、宮沢賢治の小説「風の又三郎」「よだかの星」が選ばれ、脚本を神楽澤小虎、演出をナイスコンプレックスのキムラ真が手がける。公演詳細については続報を待とう。

極上文學 第12弾「風の又三郎・よだかの星」

2018年3月
東京都 紀伊國屋ホール

原作:宮沢賢治
脚本:神楽澤小虎
演出:キムラ真

出演(五十音順):市瀬秀和藤原祐規鈴木裕斗 ほか

(c)2017 CLIE/MAG.net Andem

ステージナタリーをフォロー