ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

岸田理生追悼企画「リオフェス」が2都市で、プロジェクト・ムーの野外劇も

92

「リオフェス2017」こと第11回岸田理生アバンギャルドフェスティバルが、6月から7月にかけて東京・京都で開催される。

「リオフェス」は、2003年に死去した劇作家・岸田理生の戯曲を連続上演する企画。11回目の開催となる今回は、吉野翼企画、ユニットR、おででこ、千賀ゆう子企画、プロジェクト・ムーが参加し、それぞれの団体が岸田の戯曲をもとにした作品を発表する。

吉野翼企画「-平成緊縛官能奇譚-『血花血縄』」、ユニットR「ドア」、おででこ「宵待草」は、東京・こまばアゴラ劇場、千賀ゆう子企画「シアターワーク~作品と日記による~」は、東京・ストライプハウスギャラリーにて上演。また東京・西戸山野外円形劇場では「リオフェス」史上初となる野外劇、プロジェクト・ムーによる「新・盲人書簡」が上演される。なお6月28日の終演後には「水妖忌」(岸田理生を偲ぶ会)として献杯も行われる。

さらに7月28日からは京都・芦見谷芸術の森 野外シアターにて「リオフェス in Kyoto」が行われ、こちらにはおででこ、URARA、世田谷表現クラブが出演する。

「リオフェス2017」第11回岸田理生アバンギャルドフェスティバル

吉野翼企画「-平成緊縛官能奇譚-『血花血縄』」

2017年6月22日(木)~24日(土)
東京都 こまばアゴラ劇場

原案:岸田理生(有沢美喜)「天使のうぶ毛」「淫蜜のしたたり」より
作・構成・演出:吉野翼
出演:中村真季子、井口香、山羽真実子、桑原なお、柴奏花、高畑亜実、山崎愛実、高仲祐之

ユニットR「ドア」

2017年6月26日(月)~29日(木)
東京都 こまばアゴラ劇場

原作:岸田理生「隠れ家」
脚本・演出:諏訪部仁
出演:竹廣零二、阿野伸八、藤田三三三、尾山道郎、諏訪部仁、富田三千代、米澤美和子、雛涼子、木島弘子、円谷奈々子、松岡規子、江田恵

おででこ「宵待草」

2017年7月1日(土)・2日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作:岸田理生
構成・演出:須川弥香
出演:山谷勝巳、知野三加子、山下潤、本庄由佳、すがわみか

千賀ゆう子企画「シアターワーク~作品と日記による~」

2017年6月30日(金)~7月2日(日)
東京都 ストライプハウスギャラリー

構成・演出:千賀ゆう子
出演:佐藤辰哉、清水周介、千賀ゆう子 ほか

プロジェクト・ムー 野外劇「新・盲人書簡」

2017年7月8日(土)・9日(日)
東京都 西戸山野外円形劇場

原作:寺山修司、岸田理生
改作・脚本:福田光一
演出:大橋宏
出演:小林達雄、宗方駿、原田拓巳、山田宙太、染川佑輝、入船魔子、荒川昌代、仙葉由季、于玲娜、本山由乃

「リオフェス in Kyoto」

2017年7月28日(金)~30日(日)
京都府 芦見谷芸術の森 野外シアター

出演:おででこ、URARA、世田谷表現クラブ

ステージナタリーをフォロー