ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「わたしの星」高校生WS、柴幸男「新しい作品が生まれてしまいそうな予感」

61

ままごとの高校生向け演劇ワークショップの様子。

ままごとの高校生向け演劇ワークショップの様子。

2014年に初演され、今年2017年8月に再演されるままごと「わたしの星」に向けて、2月11・12日に高校生向け演劇ワークショップが行われた。

このワークショップは、「わたしの星」再演の高校生キャストオーディションに先がけて開催された。2日間の参加者は47名。高校生たちは柴の導きにより、演劇の作り方を体験し、最後にはチームに分かれて創作を行った。柴は「今年の夏を一緒に過ごしてくれるメンバー、まだまだ募集しています。どんな目的があってもかまいません。ただ一緒に演劇をつくるだけです。よろしくお願いします」と応募を呼びかけている。オーディションへの応募は3月3日まで受け付け。

柴幸男コメント

2017年も変わらず高校生は高校生のままでした。
ワークショップには男子も、女子も、さまざまな高校生が参加してくれました。
彼らを見ながら、僕は今年の夏に上演する『わたしの星』について考えていました。
なんだか、新しい作品が生まれてしまいそうな、予感がします。
僕はドラマとか漫画のシーズン2とか新章突入とかにワクワクしてしまいます。
構築された世界観に新しいメンバーが入って不安と期待が渦巻く感じ。たまりません。
今年の夏を一緒に過ごしてくれるメンバー、まだまだ募集しています。
どんな目的があってもかまいません。ただ一緒に演劇をつくるだけです。よろしくお願いします。

ままごと「わたしの星」再演

2017年8月17日(木)~27日(日)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:柴幸男
出演:オーディションで選ばれる高校生

ステージナタリーをフォロー