ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

猿之助主演「元禄港歌」、ままごと「わたしの星」が2本立てで放送

237

「元禄港歌-千年の恋の森-」より(撮影:宮川舞子)

「元禄港歌-千年の恋の森-」より(撮影:宮川舞子)

1月に上演された「元禄港歌-千年の恋の森-」と、2014年上演のままごと「わたしの星」が、4月4日にNHKのBSプレミアムにて2本立てで放送される。

「元禄港歌-千年の恋の森-」は、「近松心中物語」でコンビを組んだ秋元松代(作)と蜷川幸雄(演出)の顔合わせで1980年に初演され、上演を重ねている作品。元禄の時代を舞台に、流しの三味線弾きを生業とする瞽女の一行や迫害される念仏信者たち、悲しい秘密を負った大店筑前屋の親子など、陰影ある作品世界が描かれる。出演は、市川猿之助宮沢りえ高橋一生鈴木杏段田安則ほか。役者たちの演技バトルにも注目だ。

ままごと「わたしの星」は、劇団の代表作「わが星」の世界観を引き継いで、オーディションで選ばれた高校生たちと柴幸男が作り上げた作品。地球滅亡が目前に迫り、人類のほとんどが火星に移住してしまった世界を舞台に、文化祭の練習に励む高校生たちの物語をつづる。

手練の役者たちにより過ぎ去りし時代の悲劇を描く「元禄港歌-千年の恋の森-」、フレッシュな高校生たちが未来への不安と希望をうたう「わたしの星」。2作の深い人間ドラマを味わおう。

NHK BSプレミアムステージ「元禄港歌-千年の恋の森-」、ままごと「わたしの星」

2016年4月4日(月)24:20~28:04

「元禄港歌-千年の恋の森-」

作:秋元松代 
演出:蜷川幸雄
出演:市川猿之助宮沢りえ高橋一生鈴木杏市川猿弥新橋耐子段田安則 / 青山達三、大石継太、市川弘太郎、市川段之、市川猿三郎 / 市川澤五郎、市川裕喜、市川段一郎、市川澤路、市川笑羽、市川郁治郎、市瀬秀和、清家栄一、妹尾正文、手塚秀彰 / 岡田正、飯田邦博塚本幸男、新川將人、堀文明、澤魁士、石井淳、石母田史朗、後田真欧、由利昌也 / 水谷悟、西村聡、石原由宇、萩原亮介、立和名真大、山本道子、加藤弓美子、羽子田洋子、難波真奈美、小澤美和 / 美奈瀬杏、菅野園子、三輪裕美子、土屋美穂子、棟形寿恵、今井あずさ、今橋由紀、舩山智香子、沖田愛、山田麻里名 / 阿部優哉、前田えると、大内天、庄野琉惺 / 鹿島由愛、林日葵、安生悠璃菜、萩原羽奈、大石未来、小熊莉々葉、河合陽子、福岡沙彩

ままごと「わたしの星」

作・演出:柴幸男
出演:生駒元輝、坂本彩音、佐藤まい、西片愛夏、西田心、札内茜梨、山田奈々緒、吉田圭織、吉田恵、吉永夏帆

ステージナタリーをフォロー