対話から描く日本人と中国人の“違和感”「Fools speak while wise men listen」

78

村川拓也「Fools speak while wise men listen」が、3月4・5日に東京・早稲田小劇場どらま館、3月9日から12日まで京都・アトリエ劇研にて上演される。

「Fools speak while wise men listen」初演より。

「Fools speak while wise men listen」初演より。

大きなサイズで見る(全5件)

本作は、若手の俳優を対象とした「劇研アクターズラボ」という企画の一環で、2016年9月に京都にて上演された作品。初演では、日本人、中国人それぞれの出演者が向かい合い、恋愛観や文化の違い、風俗などについて語らいながら、そこに生じた小さな違和感をとらえることによって、国家や差別という問題を見つめた。再演では、現在の日本と中国の状況や、演出の村川拓也が韓国、中国を訪れた経験を織り交ぜ、また2017年に上演予定の“日本、中国、韓国”に関わる新作公演を視野に入れながら、新たな作品として立ち上げる。

この記事の画像(全5件)

村川拓也「Fools speak while wise men listen」

2017年3月4日(土)・5日(日)
東京都 早稲田小劇場どらま館

2017年3月9日(木)~12日(日)
京都府 アトリエ劇研

演出;村川拓也

出演:穐月萌、石井花果、出村良太、井上向日葵、川口航、黄冬殊、侯文勝、佐々木峻一、徐奥坤、諏訪七海、孫日環、南風盛もえ、桃地伸弥、劉青、楊慧
※黄冬殊の「殊」は女に朱が正式表記。

村川拓也のほかの記事

リンク