ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「AAA」にミュージカル俳優集結!「キンキーブーツ」のナンバー大合唱

594

「Act Against AIDS 2016『THE VARIETY 24』~魂の俳優大熱唱!助けてミュージシャン!~」より、左から三浦春馬、小池徹平。

「Act Against AIDS 2016『THE VARIETY 24』~魂の俳優大熱唱!助けてミュージシャン!~」より、左から三浦春馬、小池徹平。

「Act Against AIDS 2016『THE VARIETY 24』~魂の俳優大熱唱!助けてミュージシャン!~」が、昨日12月1日に東京・日本武道館で開催された。

「世界エイズデー」の12月1日にあわせ、1993年より毎年開催されているエイズ啓発イベントの「Act Against AIDS」。24年目となる今回は、本イベントを牽引する岸谷五朗寺脇康文三浦春馬に加え、中川晃教柿澤勇人が初参加した。

イベントでは、柚希礼音が自身の代表曲「Maybe If…」を、植原卓也水田航生と共に披露。中川がクリスタルキング「大都会」を高らかに歌い上げると、今回の目玉でもあるミュージカルコーナーがスタートした。まずは中川の出演作「ジャージーボーイズ」より「君の瞳に恋してる」「Sherry」「Bye,Bye,Baby」が披露され、赤いジャケットに身を包んだ中川、岸谷、寺脇、三浦が会場を盛り上げた。

岸谷五朗が演出を手がけた「ミュージカル『ラディアント・ベイビー ~キース・ヘリングの生涯~』」からは「STAY」が選ばれ、柿澤、平間壮一松下洸平がエネルギッシュなパフォーマンスで観客を魅了。続いて柚希と水田が「ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』」から「世界の王」を披露し、山崎育三郎が歌う「ミュージカル『プリシラ』」の劇中歌「True Colors」では、ドラァグクイーンが舞台上に集結した。

「ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』」でW主演を務めた小池徹平と三浦が「Everybody Say Yeah」を歌唱する中、ミュージカルコーナーの出演者が舞台上に集合。彼らによる大合唱で、ミュージカルコーナーは幕を閉じた。

※初出時、キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリーをフォロー