ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

柿喰う客、新作「虚仮威」は地主の一族と未知の生命体による“暗黒幻想劇”

138

柿喰う客「虚仮威」ビジュアル

柿喰う客「虚仮威」ビジュアル

柿喰う客が、新作「虚仮威」を12月から2017年1月にかけて三重、宮城、東京、大阪にて上演する。

結成10周年のラストと2017年の幕開けを飾るのは、「天邪鬼」以来、約1年2カ月ぶりとなる新作本公演。とある村を支配する地主の一族が、突然現れた未知の生命体とともに戦中戦後の動乱を駆け抜ける“暗黒幻想劇”だ。作・演出を劇団代表の中屋敷法仁が手がけ、柿喰う客のメンバー12人が総出演する。

公演は、12月2日から4日まで三重・三重県文化会館 小ホール、12月17・18日に宮城のエル・パーク仙台 スタジオホール、12月28日から2017年1月9日まで東京・本多劇場、1月19日から22日まで大阪・ナレッジシアターにて行われる。

柿喰う客「虚仮威」

2016年12月2日(金)~4日(日)
三重県 三重県文化会館 小ホール

2016年12月17日(土)・18日(日)
宮城県 エル・パーク仙台 スタジオホール

2016年12月28日(水)~2017年1月9日(月) ※1月1・2日は休演
東京都 本多劇場

2017年1月19日(木)~22日(日)
大阪府 ナレッジシアター

作・演出:中屋敷法仁
出演:七味まゆ味玉置玲央深谷由梨香永島敬三、大村わたる、葉丸あすか牧田哲也加藤ひろたか原田理央田中穂先長尾友里花福井夏

ステージナタリーをフォロー