ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

改憲を巡り親子がバトル!チャリT企画の新作ホームコメディ「ジャパコン」

20

劇団チャリT企画が「ジャパコン」を、11月30日から12月4日まで東京の座・高円寺1にて上演する。

「ジャパコン」の舞台は、近未来の日本。ある平凡な一家の高校生の息子は、愛国青少年グループ、ジャパコンに参加し、改憲運動に入れ込むようになる。が、その活動が過激さを増すにつれ、両親は息子の“矯正”に取り組むことになり……。

作・演出の楢原拓は本作のタイトルについて、「ジャパン・コンフェレンス(日本会議)」からとったものだが「ジャパン・コンプレックス」ともとれるようだ、と述べつつ、「自国称賛の空気が漂う中、その偶然に何かミョーな巡り合わせを感じる。それがどう作品へと昇華するのか、続きは劇場にて」と語っている。

楢原拓コメント

ここ数年、外国人による日本賛美のTV番組がやたら増えているように思う。例えば、外国のとある業種のプロに日本の同業種の職場を視察させて、日本の技術がいかに先進的かを賞賛させるとか。
そりゃ日本も凄いんだろうけど、外国の方が優れてる点もあるだろうし、きっと外国人も「うちの技術だって負けてないよ」という風に言っているのではないかとも思うのだが(あくまで憶測)、放送上では何もかも日本の方が勝っていて、なんだかちょっと独りよがりな感じが……。逆に日本人の劣等コンプレックスを見せられているような気もするし……。
そんな番組がウケるこのご時世。気づけば、現政権の閣僚の6割以上が、"美しい日本の再建と誇りある国づくり"を掲げる団体「日本会議(Japan Conference)」 の支援メンバーだそうで……。
実は、今回のタイトル『ジャパコン』は、その「ジャパン・コンフェレンス(日本会議)」からとったものなのだが、どうもそれは「ジャパン・コンプレックス」ともとれるようで、自国称賛の空気が漂う中、その偶然に何かミョーな巡り合わせを感じる。それがどう作品へと昇華するのか、続きは劇場にて。

座・高円寺 冬の劇場21 日本劇作家協会プログラム 劇団チャリT企画 第30回公演「ジャパコン」

2016年11月30日(水)~12月4日(日)
東京都 座・高円寺1

作・演出:楢原拓
出演:松本大卒、内山奈々、小杉美香、室田渓人 / 町田水城、田端玲実、岡田一博、鳥越勇作、柴崎哲志、エンドー・チェーン、川口雅子、徳岡淳司(「徳」は旧字が正式表記)、水野昇、小林遥奈、阿比留丈智

ステージナタリーをフォロー