ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

椿組、別役実「海ゆかば水漬く屍」で現代社会に問題提起

33

外波山文明が主宰する椿組が「海ゆかば水漬く屍」を、10月25日から30日まで東京・SPACE雑遊で上演する。

別役実が1978年に発表した「海ゆかば水漬く屍」を、このたび藤井ごうが演出。2014年に上演された「櫻ふぶき日本の心中」「一本刀土俵入り ~御存知葛飾篇2014~」に続く、「昭和演劇の発見シリーズ」の第3弾として、高度成長期へ向かう昭和30年代の人々の姿を通して、現在社会に問題提起する。

出演には親八会の辻親八、椿組の田淵正博と木下藤次郎、水野あや。また振付をCHAiroiPLINスズキ拓朗が担当する。

椿組2016年秋公演「昭和演劇の発見シリーズ 第三弾!」

「海ゆかば水漬く屍」

2016年10月25日(火)~30日(日)
東京都 SPACE雑遊

作:別役実
演出:藤井ごう
振付:スズキ拓朗
出演:辻親八田渕正博、木下藤次郎、水野あや

ステージナタリーをフォロー