ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「弱虫ペダル」箱学新世代が熱戦!東啓介らが見せる「チーム感」に注目

3295

「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」ゲネプロの様子。

「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」ゲネプロの様子。

「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」が、本日9月30日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕する。公演に先がけ、昨日9月29日にゲネプロと囲み取材が行われた。

「箱根学園(ハコガク)新世代、始動」は、主人公・小野田坂道が在籍する総北高校のライバル・箱根学園に焦点を当てた物語。舞台の前半では、“3年生追い出し親睦走行会(ファンライド)”のシーンを中心に、インターハイ後の箱根学園の様子が描かれる。ファンライドでは、引退を控える3年生に、泉田塔一郎率いる下級生チームが戦いを挑み、泉田は新開隼人と、真波山岳は東堂尽八と、黒田雪成は荒北靖友と、葦木場拓斗は福富寿一と熱戦を繰り広げながら、レースにかける思いを受け継いでいく。

また問題を起こし入退部を繰り返しながらも、自転車を愛する銅橋や、“箱根の直線鬼”と呼ばれるエーススプリンター・新開隼人を兄に持つ新開悠人といった、新キャラクターのエピソードも盛りだくさん。さらに総北高校からは、“T2”の手嶋純太と青八木一が登場し、息の合った演技で舞台を盛り上げた。

囲み取材に応じたのは、葦木場拓斗役の東啓介、泉田塔一郎役の河原田巧也、黒田雪成役の秋元龍太朗、真波山岳役の谷水力、荒北靖友役の木戸邑弥、新開隼人役の宮崎秋人。今回初めて座長を務める東は「箱学の後輩と先輩とのやり取りが多くなっているので、そこが見どころ。葦木場の成長だったり、箱学のチーム感を見せていければと思っています」と意気込む。続いて、箱学の新キャプテン・泉田役を務める河原田は「今まであんまりなかったんですけど、今回は少しへとへとになっています(笑)。今までやってた旧3年生メンバーの仕事を任せていただいているんですが、こんなに大変だったのかと……」と苦労を明かし、「今まで飛び道具的な立ち位置でこの役をやってたんですけど、今回はチームをまとめて、舞台全体を締めていく役どころ。なのであんまりお笑い要素は僕にはないかも」とコメント。すると宮崎が「(お笑い要素)あるよ、大丈夫!」と相づちを打ち、会場の笑いを誘った。

また秋元は「今まではサポートとしてインハイを見届けていたんですが、今回はレースで走らせてもらって。レギュラーメンバーたちの大変さが身にしみてわかりました。手に汗握る熱い戦いになっているので、精一杯走りたいと思います」と力強く答え、「今回、特に新生箱学(メンバーの6人)はずっと走ってます。あと総北の手嶋と青八木の2人がすごく面白いし、スパイスとなってますね。僕らが激しく戦った後にちょちょっと入ってくれているので、そこも見どころになってると思います(笑)」と注目シーンを挙げた。

今回が初参加となる谷水は「今まで後輩だった僕たちが新しく引っ張っていく中で、先輩から受け継ぐ、熱い部分が見どころ。2年生になってたくましくなった真波山岳をお見せできたらいいなと思っています」と意欲を見せる。同じく初参加の木戸は「年生の先輩の役を演じさせていただくんですけど、ストーリー上では卒業するしそんなに後半疲れないかなと思っていたら、案外荒北じゃない役とかで疲れてたりするので(笑)、そういうところも注目して見ていただければ。僕以外も、本役以外のところでもがんばっていますし、『弱虫ペダル』の見どころだと思いますので」と笑顔で語った。

そして宮崎は「今回初めてご一緒させていただくキャストがいて、キャラクター的にも新開の弟が出ていたりと、フレッシュなところも見ていただければと」と見どころにふれつつ、「一緒にインハイやってきたメンバー、特にリュウ(秋元龍太朗)だったりがすごい頼もしくなったなと思って。役者としても黒田雪成としても成長してる姿だなって思ってはっとさせられたのと、そんな上からものを見てる自分にびっくりしてます(笑)」と話し、「どの立場になったんだと思いますが(笑)。自分も最初は何もできなくて先輩方に教えてもらったんですけど、こうやって受け継がれていく様っていうのは『ペダル』ならではだなと思っています」とシリーズを振り返る。また「個人的には3作ぶりに帰って来て、お客さまの中でハードルが上がってるんじゃないかなと不安なんですけど、そのハードルも飛び越えられるように、今回の新開役を作ったつもりです」と自信を見せた。

木戸は「世間的にはもう10月に入り、だんだん涼しくなってきてますけど、この作品は熱く、真っ直ぐみんなと向き合って作っていった作品なので、劇場に足を運んでくだされば夏がやってくるという感じだと思います」とアピールし、河原田は「前回の『総北新生代、始動』があっての今回の『箱根学園(ハコガク)新世代、始動』なので、総北の人たちへの感謝を忘れずに、その人たちの思いも背負って走って、今度は僕たちが次の作品に繋げていく気持ちで走って行きますので、応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

最後に東は「(キャストの)皆さんが言っていたように熱い作品になっています。ワクワクしたり笑いがあったり涙があったり。熱い感情を皆様と一緒に共有できたらと思います。葦木場の成長なども劇場に来て確認してくださいね」と呼びかけ、囲み取材を締めくくった。

「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園新世代、始動~』」は、本日9月30日から10月2日まで東京・TOKYO DOME CITY HALL、10月7日から10日まで大阪・オリックス劇場にて上演。千秋楽公演はライブビューイングも開催される。なお本公演のBlu-ray&DVDは、2017年2月22日に発売予定。

「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」

2016年9月30日(金)~10月2日(日)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

2016年10月7日(金)~10日(月・祝)
大阪府 オリックス劇場

原作:渡辺航(「弱虫ペダル」秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
演出・脚本:西田シャトナー
音楽:manzo

キャスト

葦木場拓斗:東啓介
泉田塔一郎:河原田巧也
黒田雪成:秋元龍太朗
真波山岳:谷水力
銅橋正清:兼崎健太郎
新開悠人:飯山裕太
福富寿一:村上渉
荒北靖友:木戸邑弥
東堂尽八:佐藤祐吾
手嶋純太:鯨井康介
青八木一:八島諒
新開隼人:宮崎秋人

パズルライダー:一瀬悠、掛川僚太、河野智平、重岡峻徳

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダルGR製作委員会2014 (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

ステージナタリーをフォロー