ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

河西裕介の解散後初作品「ラズベリー」、三上晃司のsleepwalkが上演

30

sleepwalk プロデュース #1「ラズベリー」チラシ

sleepwalk プロデュース #1「ラズベリー」チラシ

sleepwalkが、11月8日から14日まで東京・APOCシアターにて「ラズベリー」を上演する。

三上晃司が2015年に立ち上げた団体・sleepwalkの、プロデュース第1弾となる本作。脚本・演出には、Straw&Berryの河西裕介を迎える。「酸味と苦みを増した、ちょっと歪な『男女7人秋物語』」と銘打たれており、7月に解散公演を行った河西主宰の国分寺大人倶楽部による2010年上演作「ストロベリー」への、アンサー作品となっている。

河西裕介コメント

こんにちは、河西です。この作品は、僕が20代の頃に書いた戯曲『ストロベリー』に対する、アンサー作品です。30代になった今、再び恋愛というテーマに真っ向から挑んでみようと思います。酸味と苦味を増した「男女7人秋物語」、どうぞお楽しみに。

sleepwalk プロデュース #1「ラズベリー」

2016年11月8日(火)~14日(月)
東京都 APOCシアター

脚本・演出:河西裕介
出演:木村美月三上晃司、卯渚さやか、小西耕一、佐賀モトキ、山本大樹、岩崎緑、平田耕太郎 / 藤木陽一

ステージナタリーをフォロー