尾上松也の妹・春本由香が、「九月新派特別公演」で女優デビュー

14

歌舞伎俳優・尾上松也の実妹である春本由香が、劇団新派に入団する。

新橋演舞場の前に立つ、春本由香。

新橋演舞場の前に立つ、春本由香。

大きなサイズで見る(全6件)

春本由香は、1992年12月21日生まれの現在23歳。2005年に藤間流「胡蝶」に出演し、国立劇場の舞台に立った経験を持つ。女優デビュー作となる「九月新派特別公演」の、夜の部「婦系図」には兄・松也も出演し、春本は喜多村緑郎演じる早瀬主悦の恩師である酒井俊蔵の娘・妙子役を演じる。

春本の祖父が新派で活躍した春本泰男であることから、新派の水谷八重子は「新派の血筋を持って生まれた人が、新派で初舞台を踏んでくれる。こんなうれしいことはありません。おじいちゃまの春本さんのように、舞台に明るさをパァっと輝かせてくれると思います」とコメント。さらに「新派の古典に、今に生きる若い娘としていっぱい疑問を持ってもらいたい。もちろん学んでもらいたい。疑問を解決して、いわゆる新派古典といわれるお芝居ができる女優さんになってくれることを期待しています」と春本にエールを送っている。

また松也は「とにかく心配をしていました。やりたいことがあってもなかなかうまくいかなかったので、ようやく自分の道が見つかって、とても嬉しいです」と、妹思いの兄らしい気遣いを語りつつ、「常に向上心のある役者になってほしい」と期待を寄せている。

※記事初出時、本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全6件)

二代目喜多村緑郎襲名披露「九月新派特別公演」

2016年9月1日(木)~11日(日)
東京都 新橋演舞場

2016年9月17日(土)~25日(日)
大阪府 大阪松竹座

昼の部

一、「振袖纒(ふりそでまとい)」
作:川口松太郎
補綴・演出:成瀬芳一
出演:市川月乃助改め二代目喜多村緑郎、水谷八重子、波乃久里子、英太郎、市川猿弥、市川春猿、尾上松也

二、二代目喜多村緑郎襲名披露「口上」
三、「深川年増(ふかがわどしま)」

作:北條秀司
演出:大場正昭

夜の部

一、二代目喜多村緑郎襲名披露「口上」
二、「婦系図(おんなけいず)―初代喜多村緑郎本に依る―」

作:泉鏡花
補綴・演出:成瀬芳一
演出:大場正昭

関連記事

リンク

(c)松竹株式会社