ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

森下真樹×束芋の「錆からでた実」が、3度目のリクリエーションに挑戦

93

2013年に初演されたダンサーの森下真樹と現代美術家の束芋によるダンス作品「錆からでた実」が、7月8日から10日まで、東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演されることが決定した。

初演、2014年の再演では「“森下真樹”を作る」というコンセプトに基づき創作されたが、今回は「“束芋”を作る」とし、身体の動きと音楽、映像から“束芋”を描き出す。生年月日、出生地、血液型が同じ、そして3姉妹であるという共通点も持つ森下と束芋が挑む、3度目の共同制作に注目だ。

映像芝居(芸劇dance 束芋×森下真樹)「錆からでた実」

2016年7月8日(金)~10日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

構成・演出:束芋
振付:森下真樹

ステージナタリーをフォロー