「Project WACKちん」候補者3名に“WACKちんパスポート”付与、WACK合同オーディション参加へ

389

現在開催中の音楽事務所WACKによる公開型全世界リアルタイムオーディション「Project WACKちん」の最終審査が、合宿にて行われることが発表された。

「Project WACKちん」ロゴ

「Project WACKちん」ロゴ

大きなサイズで見る

「Project WACKちん」は「コロナ後でしか合格にならないアイドルオーディション」として基本的にオンラインでのみ実施されているオーディション。7月にニコニコ生放送で24時間生配信されたオンライン合宿「実録 WACKちん接種会場24時」での審査を通過したタスククス、レブ・ナインプリンス、デデデ・Dの候補者3名には“WACKちんパスポート”が付与され、WACKが毎年行っている合宿型オーディション「WACK合同オーディション」への参加権が与えられた。レブ・ナインプリンスとデデデ・Dは通常の「WACK合同オーディション」に、タスククスは2022年に開催予定の男性版合宿オーディションに参加する。

今回の発表により、オンラインでの審査を続けてきた「Project WACKちん」が初めてのオフライン審査に移行する。

関連記事

渡辺淳之介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺淳之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。