乃木坂46が日本美術の花々と共鳴、撮り下ろし映像で古典を彩る展覧会明日スタート

2049

日本美術の古典を乃木坂46と重ね合わせて紹介する展覧会「春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46」が明日9月4日から11月28日まで東京・東京国立博物館 表慶館で開催される。この記事では事前に行われた内覧会の様子を紹介する。

作品を鑑賞する齋藤飛鳥。(c)乃木坂 46LLC

作品を鑑賞する齋藤飛鳥。(c)乃木坂 46LLC

大きなサイズで見る(全37件)

東京・東京国立博物館 表慶館の外観。

東京・東京国立博物館 表慶館の外観。[拡大]

「春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46」は春夏秋冬の花が表現された7点の日本美術の古典と、現代のポップアイコンである乃木坂46を融合させ、過去と現在を結ぶことを目指した実験的な展覧会。池田一真や東市篤憲ら7名の映像作家が最先端ディスプレイや映像技術を駆使したユニークな展示方法を用いて、日本美術の古典の本質を映像インスタレーションに浮かび上がらせることに挑戦した。“古典”を“現代”のものとして解釈し直す「古典×現代」というテーマの中で、美術作品と乃木坂46メンバーがパフォーマンスする撮り下ろしの映像作品を併せて展示することにより、独自の世界観が生み出されている。

「春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46」の入口。

「春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46」の入口。[拡大]

また、展示会の空間デザインとして設けられたテーマも「古典×現代」。明治時代に建てられた日本初の本格的な博物館である表慶館の中で“古典”と“現代”の対比が演出されているほか、建物の窓から差し込む光によってそのときどきの天気や季節が作品の表情に反映されている。

齋藤飛鳥がパフォーマーを担当した「花下遊楽図屏風 / 狩野長信筆」の展示。

齋藤飛鳥がパフォーマーを担当した「花下遊楽図屏風 / 狩野長信筆」の展示。[拡大]

この展覧会で日本美術の古典とコラボレーションしたメンバーは齋藤飛鳥、遠藤さくら、山下美月、久保史緒里、生田絵梨花、賀喜遥香、星野みなみ与田祐希梅澤美波の9人。それぞれ自身を作品に描かれた花に見立て、映像の中で独創的なパフォーマンスを披露している。会場に入ると、まず目に入るのは桜の下でにぎやかに宴を催す様を描いた「花下遊楽図屏風 / 狩野長信筆」と、齋藤の優雅な姿を投影したスリットカーテン。そのカーテン越しに展示室奥のスクリーンの映像や屏風絵がレイヤー状に重なって見えることで、日本美術の遠近表現が再現されている。

作品を鑑賞する梅澤美波。(c)乃木坂 46LLC

作品を鑑賞する梅澤美波。(c)乃木坂 46LLC[拡大]

これを皮切りに、1つひとつ異なる見せ方の革新的な展示が来場者を迎える。遠藤は「焔 / 上村松園筆」、山下と久保は「夏秋草図屏風 / 酒井抱一筆」、生田は「秋草図屏風 / 俵屋宗雪筆」、賀喜は「見返り美人図 / 菱川師宣筆」、星野と与田は「四季花鳥図屏風 / 伝雪舟等楊筆」といった作品とそれぞれコラボレーション。最後は梅の木が描かれた振袖「振袖 白縮緬地梅樹衝立鷹模様」と梅澤の映像を映した大小さまざまなモニターからなる、シュールなだまし絵のような立体感のある展示で締めくくられる。

なお本展の入館は事前予約制になっている。チケットに関する詳細はイベントのオフィシャルサイトにて確認を。会場では各美術作品、映像作品の解説やメイキング風景、キービジュアルのアザーショット、表慶館の歴史資料などをまとめた公式図録をはじめ、さまざまなグッズが販売されるのでそちらもチェックしよう。

この記事の画像(全37件)

春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46

2021年9月4日(土)~11月28日(日)東京都 東京国立博物館 表慶館

全文を表示

乃木坂46のほかの記事

リンク

※展示されている作品は東京国立博物館所蔵。本展覧会では複製を展示。

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 乃木坂46 / 齋藤飛鳥 / 山下美月 / 生田絵梨花 / 星野みなみ / 与田祐希 / 梅澤美波 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。