SUGARLUNG、ライブハウスへの愛を込めた最新曲MV公開

64

SUGARLUNGの最新曲「Now or never」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

SUGARLUNG

SUGARLUNG

大きなサイズで見る(全3件)

SUGARLUNGは2017年に結成され、2018年にロッキング・オン主催のコンテスト「RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」を勝ち抜き「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に出演した経験を持つロックバンド。2019年9月よりエザキマサタカ(Vo, G, B)とイシカワケンスケ(G, Piano, Cho)の2人体制で活動している。

「Now or never」は新体制初のシングルとして今年3月に配信リリースされた楽曲で、ライブでは観客の合唱が起きる人気曲。MVは3月に東京・TSUTAYA O-Crestで行われた自主企画イベント「VOLTAGE Vol.3」の映像が使用されており、その理由についてイシカワは「ライブハウスという場所の尊さや、バンドやお客さんにとっての居場所であることを伝えたかったため」と説明している。

この記事の画像・動画(全3件)

イシカワケンスケ コメント

ライブハウス、アーティストにとって大小関わらず未曾有の危機に巻き込まれ、
生活すら困窮している方々も多い中、
今一度、音楽と向き合った時に、いつもドラマが生まれる場所はライブハウスでした。

誰かとの出会い、悔しさ、喜び、幸せ

SNSが主流になった今なお、顔と顔を向かい合わせて表現や思いをダイレクトに伝えることができる場所、
温度をそのまま届けることができる場所、バンドマンにとってそれがライブハウスだと思います。

今回のMVを作成する上で、そういったライブハウスという場所の尊さや、バンドやお客さんにとっての居場所であることを伝えたかったため、
当初監督が作成していただいたものから構成を変更していただいたりしました。

自粛要請が解除となった今もすぐには同じような日々に戻れませんが、
それでもなお、我々の歩みを止めることはありません。

また、笑顔で会えることを切に願っております。

リンク