ギタマガ&ベーマガ5月号、フェンダー特集デジタル版を無料配布「おうちで読もう!」

717

フェンダーミュージックがリットーミュージック協力のもと、「ギター・マガジン」「ベース・マガジン」2020年5月号に掲載されるフェンダー特集記事のデジタル版を無料配布することを発表した。

「ギター・マガジン」「ベース・マガジン」2020年5月号表紙

「ギター・マガジン」「ベース・マガジン」2020年5月号表紙

大きなサイズで見る(全1件)

「フェンダー特集を、おうちで読もう!キャンペーン」と銘打たれたこの企画は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、外出自粛を余儀なくされている状況下でギター、ベース、音楽の新しい情報に触れることで家で過ごす時間を楽しく充実したものにしてほしいという思いから決定したもの。「ギター・マガジン」フェンダー特集は本日4月13日から5月12日まで、「ベース・マガジン」フェンダー特集は4月17日から5月18日までPDFファイルをダウンロードできる。

「ギター・マガジン」のフェンダー特集では、同ブランドの「MADE IN JAPAN HERITAGE」シリーズの特徴、開発監修にあたったマーク・ケンドリック氏のインタビュー、いまみちともたかBARBEE BOYS)による各モデルの試奏レビューなどが掲載されている。

「ベース・マガジン」のフェンダー特集記事「FENDER TODAY」では、新井和輝(King Gnu)、露崎義邦(パスピエ)、首藤義勝(KEYTALK)、TENDRE、あいにゃん(SILENT SIREN)らフェンダー愛用者のインタビューを掲載。また「MADE IN JAPAN HERITAGE」シリーズのベースにまつわる解説、USA製シリーズ現行ラインナップ、アーティストモデルの紹介、日野“JINO”賢二による記事「フェンダー・ベースアンプ最前線」、JLUNA SEA)、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、TOMOMI(SCANDAL)らへのQ&Aなどのコンテンツも楽しめる。

リンク

関連商品