YOSHIKI、四川の子供たちに心を解放する音楽室プレゼント

4月5日に東京ビッグサイトで行われた映画「レッドクリフ Part II」の公開企画イベント「Imagine Future.プレミアム」にYOSHIKIとTOSHIがサプライズゲストとして出演した。

写真はサプライズライブの様子。クリスタルピアノによる演奏で名曲「Forever Love」が披露された。

写真はサプライズライブの様子。クリスタルピアノによる演奏で名曲「Forever Love」が披露された。

大きなサイズで見る(全2件)

今回の寄付は「YOSHIKI基金」から行われるが、こういった慈善活動についてYOSHIKIは「誤解を受けることもあるけど、覚悟の上でやりたいようにやる」と強い意志を込めている。

今回の寄付は「YOSHIKI基金」から行われるが、こういった慈善活動についてYOSHIKIは「誤解を受けることもあるけど、覚悟の上でやりたいようにやる」と強い意志を込めている。

大きなサイズで見る(全2件)

このイベントには「未来を信じて、勇気をもって立ち上がろう」という映画に込められたメッセージをテーマに、ジョン・ウー監督をはじめ小池百合子元環境大臣、秋元康といった著名人がゲスト参加。日本の未来を担う新社会人などが招待され、パネルディスカッションなどが行われた。

YOSHIKIとTOSHIはイベントのラストに登場し、2人でX JAPANの名バラード「Forever Love」を披露。ステージ後方のスクリーンには、先日YOSHIKIが中国・四川大地震の被災地を訪れた際の映像が流された。

今年1月のX JAPAN香港公演の際、YOSHIKIは自殺や交通事故で親を亡くした子供たちをコンサートに招待し、遺児を保護するボランティア団体には寄付を行っていた。その後、中国政府から「四川大地震の被災の様子を世界に伝えて欲しい」という要請を受け、世界最大級の大地震により約5000万人が被災したと言われる中国・四川省のある街を訪れていた。その凄惨な様子に言葉を失ったというYOSHIKIだが、演奏後のトークでは「被災地で子供たちの顔をみて、すごく生き生きと強く生きる姿にジーンと来た。自分たちも頑張らなければと思った」と実際に現地を訪れ感じた思いを話した。

また、YOSHIKIは四川訪問の際、仮設校舎の学校を訪れ授業の様子を見学。被災した子供たちと触れ合いながら激励を送った。このときYOSHIKIは「被災した子供たちに夢や希望を失わないで欲しい」という思いを込め、この学校に音楽室をプレゼントすることを決めたという。音楽室にはピアノ、オルガン、太鼓、木琴などのさまざまな楽器が用意される予定で、「震災で大切な家族や友達を亡くした子供たちもいるでしょう。心の深い傷や痛みはなかなか癒えることはないけど、音を鳴らしたり、歌を歌ったり、心を解放してリラックスできる場所を作ってあげたいと思った。子供たちが笑顔になれる場所になればとても嬉しい」とコメントしている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

X JAPANのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 X JAPAN の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。