音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくら学院、KenKenプロデュース曲ジャケ公開&初OA決定

387

さくら学院が3月4日にリリースする2nd DVDシングル「仰げば尊し ~from さくら学院 2014~」のジャケットビジュアルが公開された。

KenKenがサウンドプロデュースを手掛けた「仰げば尊し」のビデオクリップを収録した今作。ジャケットビジュアルの解禁に合わせて、さくら学院校長の倉本美津留よりコメントが到着した。その中で倉本は、合唱曲として有名な「仰げば尊し」をさくら学院のほとんどの生徒が知らなかったという事実に驚き、あえて今年の卒業ソングに選曲したと説明。古語で書かれた歌詞の意味を理解して歌うことに意義があると考え、「親の世代の音楽をしっかりリスペクトしながら現代の音楽を進化させ続けるミュージシャン。まさに歌の考古学精神を持って生まれた人物。この楽曲をお願いするにもっともふさわしい音楽家」と評価するKenKenにプロデュースを依頼したと今回の組み合わせについてもコメントしている。

またさくら学院とKenKenのタッグによるロックな「仰げば尊し」は2月11日(水・祝)24:00~24:53に放送されるニッポン放送「ミュ~コミ+」にてラジオ初オンエア。父兄はこちらのチェックもお忘れなく。

さくら学院 倉本美津留校長 コメント

2014年度のさくら学院の卒業ソングは「仰げば尊し」です。

この曲を選んだ理由、それは、さくら学院の生徒のほとんどがこの歌のことを認識していないということに驚いたからです。あんなに卒業にふさわしい素晴らしいメロディが廃れていたなんて!
【古語で書かれているので意味が分からない】→【わからないことには気持ちが入らない】→【不採用】という流れがあったようです。

恒例となった年度末の公開授業「歌の考古学」で改めてわかった、知らない歌のことを調べるワクワク、その体験を経て歌うことの意義、その素晴らしさ―― その構造から考えると、わからない歌詞の意味を調べて、その意味をちゃんと解釈し歌う歌として、「仰げば尊し」は恰好の材料だと思いました。

やはり、素晴らしい歌詞でした。生徒達はその発見を胸に、とてつもなくカッコいいKenKenのアレンジで歌います。KenKenは、親の世代の音楽をしっかりリスペクトしながら現代の音楽を進化させ続けるミュージシャン。まさに歌の考古学精神を持って生まれた人物。この楽曲をお願いするにもっともふさわしい音楽家だと思いました。

ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」

2015年2月11日(水・祝)24:00~24:53

音楽ナタリーをフォロー