左からRIKU、林部智史。

THE RAMPAGE RIKUの「音楽大陸」 Vol.5(後編) [バックナンバー]

個性について林部智史と考える

ほかの人にはない自分らしさを求めて

1114

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・RIKUさんの連載「音楽大陸」Vol.5後編には、前編に引き続きシンガーの林部智史さんが登場。オーディションでの落選や声質などに悩みながら、活動を続けていく中で確立したお互いの歌声やキャラクターについて語り合います。

前編に引き続き後編でもRIKUさんと林部さんの共通点が続々。すっかり打ち解けた2人のトークをお楽しみください。

取材・/ 清本千尋 撮影 / 曽我美芽

まずは“EXILE TRIBE超え”を

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) 僕らは2月24日に「REBOOT」という3rdアルバムをリリースしまして。聴いていただけましたでしょうか?

林部智史 もちろん聴かせていただきましたよ。特に「SILVER RAIN」はミュージックビデオもすごかったですし、今のTHE RAMPAGEらしさを追求した1曲なんだろうなと感じました。YouTubeは外国の方のコメントがすごく多いですよね。

RIKU 今回は特に海外の方から反響がありました。

林部 アルバム全体を通していろんな意味で日本に留まる気はないんだろうなと思いながら聴いていたんですけど、THE RAMPAGEは海外での活動も視野に入れているんですか?

RIKU ゆくゆくは侍魂と言いますか、LDHイズムみたいなものを世界中に届けたいと思っているんですが、まだ海外へ目線を向けるのは早いと僕は思っていて。そのためにはまず16人で“EXILE TRIBE超え”しないといけないなと思っていて。

林部 EXILE TRIBE超え?

RIKU 具体的に言うとEXILE、三代目(J SOUL BROTHERS)、GENERATIONS……後輩もいますけど、まずその中でぶっちぎりの人気を確立すること。それができて初めて自信を持って世界中に自分たちの音楽やパフォーマンスを届けられると思っていて。いきなり高みを目指しすぎても足元がおぼつかないと思うので、1つずつステップを登っていきたい。まずは一番身近にいる人たちを超えて、目の前にいる皆さんを120%喜ばせることだけを考えて今は歌っています。昔は焦ることもあったんですけど、そうやって自分たちの立ち位置を俯瞰で見つめて順序を立てて考えられるようになったときに、いい意味でプレッシャーがなくなったんですよ。ありがたいことに、やるべきことをやっていけば、ちゃんと結果につながる環境にいさせてもらえているので、そこは地道にやり続けるべきなんじゃないかと。

林部 いきなり世界ではなく、目の前のことからコツコツなんですね。

RIKU そうですね。そのほうがTHE RAMPAGEらしいとも思いますし。大人数で泥臭くやっていこうと思っています。

林部 THE RAMPAGEの人数は……多いよね(笑)。RIKUさんはきっと最初の頃とキャラが変わったよね? もとからこんなに明るい感じでしたか?

RIKU あー、最初はあんまり本来の自分は出してなかったかもしれないです。というか自分を出したらいけないんじゃないかと思っていた時期も実はあって。それは僕個人だけではなくメンバーみんながそうだと思います。生まれも育ちも年齢も違う16人がTHE RAMPAGEという塊を目指していた時間がすごく長かったんですよね。ライブ中は笑わないとか、それぐらいキャラを押し殺していた時期もありました。でも徐々にTHE RAMPAGEを目指すんじゃなくて、僕ら16人こそがTHE RAMPAGEなんだと気付いた瞬間があったんですよ。お互いがお互いを認め合えたことによって、みんなでTHE RAMPAGEを目指していた頃よりグループとしての絆が生まれたと思います。みんなが僕のキャラクターを受け入れてくれたから、僕もみんなを心の底から信用するようになれたし、みんなもきっとそうだったと思います。それぞれの活動もある中で、THE RAMPAGEで叶えたい目標に向かい始めてようやく自分らしくなれたというか。ひょうきんなところを押し売りしすぎないようにしないと、とは思ってるんですけど(笑)。

林部 ボーカル3人で出ていた「めざましテレビ」(2021年2月10日放送)も面白かったですよ。

RIKU 観てくれたんですか!? 相方2人(川村壱馬と吉野北人)をいかにさわやかに見せるかに注力してがんばりました。2人はちょっとクールなところもあるのでいじったりして。回すのに必死で背中が汗びっしょびしょでしたよ(笑)。

林部 大成功だったと思います。すごく面白かったです。

研究の末たどり着いた自分らしい声

RIKU THE RAMPAGEは今ではいろんなポップスに挑戦していますが、初期は特にヒップホップ色が強い楽曲を歌っていて。僕はほかの男性より高い自分の声が、THE RAMPAGEの楽曲には合わないなとコンプレックスに思っていた時期がありました。

左からRIKU、林部智史。

左からRIKU、林部智史。

林部 もっとオラオラした声を求められてるんじゃないかとか?

RIKU そうです。でも無理をすると喉を壊しちゃうし、どうしようと思って、普段しゃべる声をわざと低くしてみたり、いろいろ試したんです。でも自分らしい声を封印していることにストレスが溜まっていたんですよね。それに耐えきれなくなって低い声を出すのをやめて、何も考えずに歌うようになって今があるんですけど、林部さんもご自身の声や歌に関して悩んだことはありますか?

林部 そういう誰かの歌い方に寄せる、みたいなことは僕も自然とやっていたかもしれないですね。というのもESPのボーカルコースに通っている人たちのほとんどがLDHに入りたいという思いでやっていたので。

RIKU ATSUSHIさんの母校ですからね(笑)。

林部 そうそう。みんなATSUSHIさんに憧れてESPに入学していたんです。僕を含め、ボーカルコースの人たちはみんなATSUSHIさんの歌い方をどことなく意識していたと思います。僕も最初はそういう歌い方をしていて、「VBA」を含めオーディションに100回以上落ちました。RIKUさんがやったように歌い方の個性を考えて、声色を変えたりいろんな調整をしたんですけど、自分本来の声に気付くまでには時間がかかりましたね。個性って作るものじゃないんですよ。自分の声の魅力に気付いてからは、だんだんオーディションに受かるようになってきて、僕の声を受け入れてくれる人もいるんだなと知ったんです。自分の個性を磨いていくことがたくさんの人に認めてもらえる近道だったんだと今では思います。だから今の僕はEXILEのようなポップスではなく、自分の声が一番生きる叙情歌や童謡を歌っているんです。

好きな音楽のジャンルに年齢は関係ない

RIKU おこがましいですけど、僕らは2人とも男性にしては声が高くて、声質的に2人で歌えば最高のハーモニーが生まれると思っていて。それで「音楽大陸」番外編の動画企画ではアカペラでKさんの「Only Human」を歌わせてもらうことを提案しました。これは過去に林部さんがKさんと歌っているのを観て僕がリクエストしたんですけど、林部さんが僕と歌うために1曲選ぶならどんな曲を歌ってみたいですか?

林部 僕はEXILEから離れて自分の道を行くことに決めたからこそ、原点に立ち返ってEXILEの曲を一緒に歌いたいですね。

RIKU いつぐらいの曲ですか? それこそ第1章?

林部 そうですね。RIKUさん、学祭でEXILEの「One love」を歌っていたでしょう?

RIKU え、学祭の映像までチェックしてくださってるんですか?

林部 観ました(笑)。あの頃のEXILEの曲を一緒に歌いたいですね。

RIKU もしまた一緒に歌う機会があるならちゃんと伴奏も付けてやりたいですね。僕がMCをやっているスペースシャワーTVの番組「LIVE YEAH!!!」に来てもらって、いつかはその番組のライブに出てもらったりなんかも……。

林部 だいぶファン層違うけど大丈夫ですかね? 僕のファンは大人な方が多くて。

RIKU 僕、SNSで「RIKUくんのお母さんぐらいの世代なんですが応援してもいいですか?」ってメッセージをもらったり、オンラインのミート&グリートでも「私のお母さんがRIKUくんのこと大好きです」って言っていただくことも多くて。メンバーからは「年上キラー」と呼ばれているんですよ(笑)。

「年上キラー」なRIKUさん。

「年上キラー」なRIKUさん。

林部 そうなんだ。じゃあいいかもしれないね(笑)。ちょっと話はズレるけど、演歌ってご年配の方が好きなイメージあるじゃないですか。でもそれは歳を重ねると演歌が好きになるのではなくて、若い頃から演歌が好きで今も聴き続けているだけ。好きなものはずっと変わっていないというか。

RIKU そうですよね。それに僕は大人の方にいいと思ってもらえるのは、すごくいいことだと思っていて。僕が今、自分の10コ下の子の曲を聴いたら「上手だな」と思うことはあっても、やっぱり「若いな」が先行しちゃうのが正直なところで。僕の親世代で好きだと言ってくれる人がいたとしたら、自分とは30コも年が違うのに純粋に認めてくれるというのは本当にうれしいことというか、認められた感があります。もう、歌手冥利に尽きることだなと。

林部 うんうん。すごいことですよね。

次のページ
リスナーのため、そして自分が生きるために歌う

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / 林部智史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。