クノシンジ

クノシンジ

クノシンジ

1983年生まれ、愛知県出身。ギター/ベース/キーボード/プログラミングまですべてひとりでこなすマルチアーティスト。スピッツとの出会いを機に音楽に目覚め、THE BEATLES、QUEENなど60~70年代の英国音楽が持つポップセンスに感銘を受け自ら音楽活動をスタートさせる。インディーズ時代に発表したアルバム「オレンジジュース・グレープフルーツジュース」「FULLCOURSE OF POPSONGS」が耳の早いリスナーの間で話題に。2007年3月にミニアルバム「ポータブルポップミュージック」でメジャーデビューを果たす。瑞々しい歌声と、自身が影響を受けた音楽のエッセンスを受け継いだキャッチーなサウンドで注目を集めている。