80年代日本映画を大回顧、ヒット作やアニメなど44本を特集上映

331

1970年代後期から1980年代の日本映画を集めた特集上映「1980年代日本映画──試行と新生」が、2月9日から3月28日にかけて東京・国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZUで開催される。

「南極物語」

「南極物語」

大きなサイズで見る(全7件)

「私をスキーに連れてって」

「私をスキーに連れてって」[拡大]

日本が経済大国となり消費社会が到来した1980年代は、映画界にもさまざまな変化が訪れた。この特集では、時代の新しい流れを示した作品や、社会的に話題となった作品など計44本を上映する。

「の・ようなもの」

「の・ようなもの」[拡大]

上映作品には、日本映画の配収記録を更新した高倉健主演の「南極物語」や、スキーブームを先導した「私をスキーに連れてって」、松田優作鈴木清順がタッグを組んだ「陽炎座」、仲代達矢夏目雅子の出演作「鬼龍院花子の生涯」などがラインナップ。また、当時新しい世代の監督として迎えられた森田芳光の「の・ようなもの」、黒沢清が手がけたピンク映画「神田川淫乱戦争」、阪本順治の「どついたるねん」、周防正行の「ファンシイダンス」も上映される。さらに、アニメーション作品として高畑勲の「じゃりン子チエ 劇場版」、富野由悠季の「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」、宮崎駿の「魔女の宅急便」も35mmフィルムでスクリーンにかけられる。

「ファンシイダンス」

「ファンシイダンス」[拡大]

チケットは、2月2日10時よりチケットぴあで前売り指定席券を販売。会場ではチケットの販売はされないため注意しよう。なお、新型コロナウイルス感染症への対応のため、定員と上映スケジュールは国立映画アーカイブ公式サイトで後日発表されるほか、会期が変更になる場合も公式サイトでアナウンスされる。

1980年代日本映画──試行と新生

2021年2月9日(火)~3月28日(日)東京都 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU ※月曜休館
前売り指定席券:一般 520円 / 高校生、大学生、65歳以上 310円 / 小・中学生 100円 / 障害者(付添者は原則1名)、キャンパスメンバーズ 無料
※前売り指定席券のみ販売、会場でのチケット販売なし
<上映作品>
犬神家の一族(1976年)
HOUSE ハウス
翔んだカップル
風たちの午後
ミスター・ミセス・ミス・ロンリー
泥の河
「じゃりン子チエ 劇場版」
「陽炎座」
「の・ようなもの」
爆裂都市 BURST CITY
犯され志願」*
「鬼龍院花子の生涯」
「怪異談・生きてゐる小平次」
天城越え
十階のモスキート
南極物語(1983年)
「神田川淫乱戦争」*
危ない話 第二話 奴らは今夜もやって来た」
竜二
美少女プロレス 失神10秒前」*
「宇能鴻一郎の濡れて打つ」*
晴れ、ときどき殺人
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」
火まつり
早春物語
コミック雑誌なんかいらない!
君は裸足の神を見たか
おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!
ウホッホ探険隊
マルサの女
ゆきゆきて、神軍
「私をスキーに連れてって」
帝都物語
ロックよ、静かに流れよ
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」
いこか もどろか
魔女の宅急便(1989年)
その男、凶暴につき
ウンタマギルー
ZAZIE
「どついたるねん」
ゴジラVSビオランテ
「ファンシイダンス」
※*印の作品は公開当時成人指定を受けた作品のため、上映回には女性専用席を設置

この記事の画像(全7件)

関連記事

高倉健のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 犬神家の一族(1976年) / HOUSE ハウス / 翔んだカップル / 風たちの午後 / ミスター・ミセス・ミス・ロンリー / 泥の河 / じゃりン子チエ 劇場版 / 陽炎座 / の・ようなもの / 爆裂都市 BURST CITY の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。