森田芳光

モリタヨシミツ

大学時代から8ミリ映画を作り、1981年に助監督経験もなく、いきなり劇場用映画デビュー。「家族ゲーム」(1983)で映画賞を総ナメ。その後は「それから」(1985)で文芸作品に手を染めたり、“バカヤロー”シリーズの製作など、活動の間口を広げている。

関連する画像