仲野太賀が熱く叫ぶ!「泣く子はいねぇが」折坂悠太の主題歌収めた予告公開

125

仲野太賀が主演を務める「泣く子はいねぇが」の予告編がYouTubeで公開された。

「泣く子はいねぇが」キーアート

「泣く子はいねぇが」キーアート

大きなサイズで見る(全15件)

父親としての自覚を持てず、ある失態により妻と娘のいる秋田・男鹿から逃げ出した主人公・たすくが、過ちと向き合い青年から大人へ成長する姿を描いた本作。たすくを仲野が演じ、吉岡里帆寛一郎余貴美子山中崇柳葉敏郎も出演している。佐藤快磨が監督・脚本・編集を担当し、是枝裕和が企画を手がけた。

「泣く子はいねぇが」

「泣く子はいねぇが」[拡大]

予告編には、吉岡演じる妻ことねに「なーんにも考えてないでしょ」と突き放され、山中扮する兄・悠馬に「帰ってきてみただけなんだべ、許してもらえるかもって」と見透かされるたすくの姿や、彼が「俺が父親だよ」と絞り出すようにつぶやく様子などを収録。終盤には、なまはげに扮した彼の「泣く子はいねぇが!」という叫びが収められている。

「泣く子はいねぇが」

「泣く子はいねぇが」[拡大]

また、本作のために主題歌「春」を提供し、劇伴も担当した折坂悠太は「この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。エンドロールの先に来る季節を想いながら、音を添えさせてもらいました。是非ご覧ください」とコメント。予告編では同曲を聴くことができる。

「泣く子はいねぇが」は11月20日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。スペインで開催された第68回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門では最優秀撮影賞を受賞した。

折坂悠太 コメント

どうだろう。男鹿の土の中で眠る種や幼虫は、芽吹き、這い出す自らの行く末を考えるか。
ただ今を、今だと思い、うごめき、もだえているのではないだろうか。
この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。
エンドロールの先に来る季節を想いながら、音を添えさせてもらいました。是非ご覧ください。

この記事の画像・動画(全15件)

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

関連記事

仲野太賀のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 泣く子はいねぇが / 仲野太賀 / 吉岡里帆 / 寛一郎 / 余貴美子 / 山中崇 / 柳葉敏郎 / 折坂悠太 / 佐藤快磨 / 是枝裕和 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。