東京国際映画祭の全ラインナップ解禁、是枝裕和が新企画「アジア交流ラウンジ」発案

145

第33回東京国際映画祭のラインナップ発表記者会見が本日9月29日に東京都内で開催。ゲストとして俳優の役所広司、映画監督の深田晃司是枝裕和が登壇した。

第33回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見の様子。左から深田晃司、役所広司、是枝裕和。

第33回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見の様子。左から深田晃司、役所広司、是枝裕和。

大きなサイズで見る(全7件)

第33回東京国際映画祭 ポスタービジュアル

第33回東京国際映画祭 ポスタービジュアル[拡大]

新型コロナウィルスが依然として猛威を振るう中、世界中の映画祭が中止や延期、あるいは縮小やオンライン開催を余儀なくされている現在。東京国際映画祭も協賛金が大幅に減少しており、上映本数も例年と比べ3割減での開催となる。あくまで映画館での上映にこだわり、「映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す」「映画を通じて国際的な連帯を強める」「コロナ後の映像文化についての考察を深める」という3つの目的を掲げ、10月31日から11月9日にかけて東京・六本木ヒルズほかで実施される。

役所広司

役所広司[拡大]

映画祭の顔となるフェスティバルアンバサダーを務める役所は「役者として育ててもらった映画祭」と東京国際映画祭への思いを吐露。「例年は美しい女優さんがやってたのに、今年はなんで俺なんだろう?とちょっと躊躇しました(笑)。映画の活性化のために役に立つことができればと思い、ここに立たせていただいております。映画を通していろんな人に勇気や力を与えるのが映画祭。なんとか盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

今年は3つのコンペティション「インターナショナルコンペティション」「アジアの未来」「日本映画スプラッシュ」を統合し、新部門「TOKYOプレミア2020」を設置。107の国と地域から寄せられた1356本の中から、計32本が上映される。応募自体は昨年の1804本と比べると、約450本減少した。今年は審査員がグランプリを選ぶコンペ形式ではなく、従来の3部門の選定視点を軸にして選ばれた映画を上映するショーケース形式となる。世界初上映となるワールドプレミアは25本、アジアプレミアは7本。地域別では日本から10本、アジア各国から12本、そのほか欧米などの地域から10本が選出された。「新しい才能の発掘と応援」を目的としており、長編デビュー作が12本含まれている。同部門では全作品を対象に観客が投票を行う「観客賞」が設けられた。

またこれまでアジア映画を紹介する一部門「CROSSCUT ASIA」を展開してきた国際交流基金アジアセンターは、アジア各国・地域を代表する映画監督と、日本の第一線で活躍する映画人とのトークシリーズ「アジア交流ラウンジ」を立ち上げ。「映画祭には監督や役者たちが交流する場があるべき」と考えていた是枝が、依頼を受け発案し、検討会議のメンバーとともに企画した。期間中はアピチャッポン・ウィーラセタクンと空族の富田克也相澤虎之助ジャ・ジャンクー黒沢清、「はちどり」のキム・ボラ橋本愛リティ・パン吉田喜重がオンライントークを行う。ライブ配信のため、Q&Aでは世界中から質問を受け付ける予定だ。

是枝裕和

是枝裕和[拡大]

これまでにインタビューなどで東京国際映画祭を「文化的な視点の欠如」といった理由でたびたび批判してきた是枝。過去にはチェアマンやフェスティバルディレクターに提言書を直接渡しており、「アジア交流ラウンジ」はその中の1つを実現した形だ。是枝は「本来であればゲストを呼んで映画の現在と未来について、監督やプロデューサー、役者、お客さんが交流する場としての映画祭を実現したいなと思って参加しました」と企画に携わった経緯を明かし、「豊かな映画祭を持つことは、その国の映画文化にとって本当に大事なこと。できるだけ前向きに関与していきたい」と語った。

また是枝は、山中貞雄を取り上げる「日本映画クラシックス」と中学生向けの映画制作ワークショップ「TIFFティーンズ映画教室2020」に言及しつつ「映画祭にとって歴史に対する意識と未来への視線は、とても重要。映画というものを今どう考えて、この先どう捉えていくか、表明する場所が映画祭。若い世代に映画の面白さを映画祭を通して知ってもらう。そういう意識を持つのは、とても大事なこと」と述懐。なお「アジア交流ラウンジ」では、是枝自身も台湾の映画監督ホアン・シーとトークを繰り広げる。

深田晃司

深田晃司[拡大]

現在の日本を代表する作品の数々を映画祭独自の視点でセレクションする「Japan Now」では「気鋭の表現者 深田晃司」と題した特集を展開。2010年に「歓待」で第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門の作品賞を受賞している深田は、このオファーに「受賞から10年の節目に本当にありがたい。最初は『え、自分でいいんですか?』という思いが強かった。ご決断くださったことに感謝いたします」と謙遜する。また各国の映画祭に参加している監督としての立場から「映画祭に背中を押されて映画を作っています。日本は芸術文化への公的支援が少ないですし、映画業界内での制度設計もできていません。そんな日本だからこそ、相対的に映画祭の価値は高い。映画祭は映画の多様性を保つための最後の砦。東京国際映画祭にもぜひ文化の砦としてがんばってほしいです」とエールを送った。

そのほか「ジャパニーズ・アニメーション」では、アニメ評論家の藤津亮太がプログラミングアドバイザーに就任。同部門では世界中で人気を集める日本生まれのキャラクターに焦点を当て、「劇場版ポケットモンスター」やスーパー戦隊シリーズを取り上げる。また「ワールド・フォーカス」では、第17回ラテンビート映画祭や台湾電影ルネッサンスと連携しながら、世界各国の最新映画など計20本を上映。そのほかのラインナップは下記で確認を。

第33回東京国際映画祭の上映スケジュールは10月6日15時に発表。チケットは10月24日10時より、部門別に順次一般販売される。先行抽選販売の作品もあるためご注意を。

座席の販売数や劇場内での飲食の可否に関しては、現状未定だ。近日中に追って発表される。

第33回東京国際映画祭

2020年10月31日(土)~11月9日(月)東京都 六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGIほか

TOKYOプレミア2020

「アンダードッグ」(オープニング作品)
「オマールの父」
「アフター・ラヴ」
「アラヤ」
「アップル」
「遺灰との旅」
「バイク泥棒」
「カム・アンド・ゴー」
「ある職場」
君は永遠にそいつらより若い
「ファン・ガール」
「二月」
「初仕事」
「赦し」
私をくいとめて
「チャンケ:よそ者」
「最後の入浴」
蛾の光
「恋唄1980」
Malu 夢路
皮膚を売った男
「モラル・オーダー」
「鈴木さん」
「ノー・チョイス」
「兎たちの暴走」
「ポゼッサー」
佐々木、イン、マイマイン
「スレート」
「スウェット」
「マリアの旅」
「ティティ」
ゾッキ

特別招待作品

HOKUSAI」(クロージング作品)
アーニャは、きっと来る
あのこは貴族
エイブのキッチンストーリー
おらおらでひとりいぐも
滑走路
サマーフィルムにのって
10万分の1
ジョゼと虎と魚たち
水上のフライト
「スカイライン -逆襲-」
ノマドランド
フード・ラック!食運
「Peninsula(英題)」
魔女見習いをさがして
ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
燃ゆる女の肖像

特別上映

「再会の奈良」
家なき子 希望の歌声

ワールド・フォーカス

「親愛なる同志たちへ」
「デリート・ヒストリー」
「ラヴ・アフェアズ」
「ノットゥルノ/夜」
「トラブル・ウィズ・ビーイング・ボーン」
「チンパンジー属」
「第一炉香」
「メコン2030」
「悪は存在せず」
「荒れ地」
ムクシン[4Kデジタル修復版]」
海辺の彼女たち
トゥルーノース

第17回ラテンビート映画祭 IN TIFF

「家庭裁判所 第3H法廷」
「息子の面影」
「老人スパイ」

台湾電影ルネッサンス

「足を探して」
「弱くて強い女たち」
「悪の絵」
「愛で家族に~同性婚への道のり」

ジャパニーズ・アニメーション

「劇場版ポケットモンスター」の世界

「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲
「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ
劇場版ポケットモンスター みんなの物語

2020年、アニメが描く風景

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
サイダーのように言葉が湧き上がる
ぼくらの7日間戦争
「ジョゼと虎と魚たち」(特別招待作品)
「魔女見習いをさがして」(特別招待作品)

「秘密戦隊ゴレンジャー」生誕45周年記念 スーパー戦隊シリーズの歩み

秘密戦隊ゴレンジャー 真っ赤な猛進撃!
秘密戦隊ゴレンジャー 爆弾ハリケーン
ジャッカー電撃隊 VS ゴレンジャー
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー/魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO スーパー戦隊MOVIEパーティー

かわいいともだち

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
「どすこい すしずもう」

TIFFマスタークラス

2020年、アニメが描く風景
スーパー戦隊シリーズの歩み
ジャパニーズ・アニメーションの立脚点、キャラクターと映画

Japan Now 気鋭の表現者 深田晃司

本気のしるし 劇場版
よこがお
淵に立つ
東京人間喜劇

短編プログラム

「move / 2020」
「ヤルタ会談 オンライン」
「鳥(仮)」
いなべ
「ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より」

日本映画クラシックス

丹下左膳餘話 百萬両の壷[4Kデジタル修復版]」
河内山宗俊[4Kデジタル修復版]」
人情紙風船[4Kデジタル修復版]」
「無法松の一生[4Kデジタル修復版]」
「ウィール・オブ・フェイト ~映画『無法松の一生』をめぐる数奇な運命~」

東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場

「秘密戦隊ゴレンジャー」生誕45周年記念 スーパー戦隊フェスティバル in TIFF
東京国際映画祭 屋外上映会2020
「ファンタ プレミア映画祭」グランプリ作品上映 (「ドンテンタウン」)

ユース

TIFFチルドレン

石川五右ヱ門の法事」(山崎バニラの活弁小絵巻 2020)
キートンの探偵学入門」(山崎バニラの活弁小絵巻 2020)
ディリリとパリの時間旅行

TIFFティーンズ

「私は決して泣かない」
「リトル・ガール」
「愛しい存在」

TIFFティーンズ映画教室 2020

映画が生まれるとき ~ TIFFティーンズ映画教室2020 ~
赤チーム
緑チーム
青チーム
黄チーム

国際交流基金アジアセンター × 東京国際映画祭 co-present トークシリーズ「アジア交流ラウンジ」

アピチャッポン・ウィーラセタクン × 富田克也・相澤虎之助
ホアン・シー × 是枝裕和
ジャ・ジャンクー × 黒沢清
キム・ボラ × 橋本愛
リティ・パン × 吉田喜重

共催・提携企画

「PFFアワード2020」グランプリ受賞作品上映(「へんしんっ!」)
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」受賞作品上映(未定)

この記事の画像・動画(全7件)

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします

役所広司のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アンダードッグ 前編 / アンダードッグ 後編 / 君は永遠にそいつらより若い / 私をくいとめて / 蛾の光 / Malu 夢路 / 皮膚を売った男 / 佐々木、イン、マイマイン / ゾッキ / HOKUSAI の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。