無法松の一生(1943年)

ムホウマツノイッショウ

上映時間:80分 / 製作:1943年(日本) / 配給:大映=大映京都

解説 伊丹万作が岩下俊作の『富島松五郎伝』をシナリオ化し、病臥に伏した伊丹に代わって、稲垣浩が監督し完成させた作品。伊丹のキャリアの中でも屈指の名脚本を得て、稲垣は叙情あふれる名編に仕上げている。北九州の小倉を舞台に、博奕好きで喧嘩っ早い人力車夫・松五郎の生涯を描く。陸軍大尉の一家とふとしたことから知り合った松五郎は、大尉の急逝のあと、未亡人と息子にあれこれと世話を焼く。息子が明るく活発な少年に成長していくに至り、彼は一家になくてはならない存在となっていく。そして時は流れ……。松五郎を演じた阪東妻三郎は、初の現代劇だったが見事な名演。また、時の流れを示す人力車の車輪の流麗な映像処理が美しい。この映画は戦時の検閲にあい、年老いた松五郎が未亡人に我知らず思慕のたけを告白するシーンなど計10分ほどが、戦後にはGHQの検問によってカットされ、稲垣は15年後、三船敏郎でリメイクし無念を晴らした。DVDは幻のシーンを追加し、「阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX」に収録。

情報提供:ぴあ