戦後75年、塚本晋也の監督作「野火」が今年もアンコール上映

266

塚本晋也が監督を務めた「野火」のアンコール上映が、8月から東京・ユーロスペースほか全国の劇場で行われる。

「野火」

「野火」

大きなサイズで見る(全9件)

「野火」ビジュアル

「野火」ビジュアル[拡大]

大岡昇平の同名小説をもとにした「野火」では、第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島で飢えや孤独、恐怖に苛まれながらさまよい歩く兵士・田村の体験が描かれる。塚本が田村に扮し、リリー・フランキー中村達也森優作らが共演に名を連ねた。

「野火」

「野火」[拡大]

本作は戦後70年にあたる2015年7月に公開されて以来、毎年夏にスクリーンにかけられている。戦後75年の今年は東京都内での上映に塚本が登壇するほか、劇場とオンラインでつながるリモートトークも行われる予定だ。各劇場のリモートトーク実施の有無や日時などの詳細は、劇場の公式サイト、「野火」の公式サイトおよびSNSで随時発表される。

「野火」

「野火」[拡大]

塚本は「ぜひ『野火』を劇場の臨場感で体験していただき、ひとりひとりが戦争という極限の虚無に近づかないよう、これからのことを考えていただけたら、と思います」とコメント。「野火」と同作のメイキングは、10月3日から11月29日まで神奈川・神奈川近代文学館で開催される特別展「大岡昇平の世界展」でも11月6日と7日に上映される。

なお塚本が出演したNHK BS1スペシャル「映画で未来を変えようよ~大林宣彦から4人の監督へのメッセージ」が、7月11日と13日深夜に再放送される。

※塚本晋也の塚は旧字体が正式表記

この記事の画像・動画(全9件)

NHK BS1スペシャル「映画で未来を変えようよ~大林宣彦から4人の監督へのメッセージ」

NHK BS1
2020年7月11日(土)10:00~10:49
2020年7月13日(月)24:50~25:39
※再放送

特別展「大岡昇平の世界展」記念上映

2020年11月6日(金)、7日(土)神奈川県 神奈川近代文学館
開場 13:00 / 開映 13:30
料金:前売券、神奈川近代文学館友の会会員 600円 / 当日券 800円
<上映作品>
野火
塚本晋也解説「野火」20年の軌跡(「野火」メイキング)
※未就学児の入場不可

塚本晋也 コメント

戦後70年に公開した「野火」。今年で6年目の上映になりますが、
毎年終戦記念日を中心に多くの劇場で上映してくださっています。
今年は戦後75年。他界された大林宣彦監督が言い残されたように、
戦後70年のときに感じた世の中への不安はますます大きくなっていくばかりです。
大林監督によると、今はすでに戦前かもしれないのです。

ぜひ「野火」を劇場の臨場感で体験していただき、ひとりひとりが戦争という極限の虚無に近づかないよう、これからのことを考えていただけたら、と思います。

関連する特集・インタビュー

関連記事

塚本晋也のほかの記事

リンク

関連商品

(c)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER