湯浅政明「日本沈没2020」配信は夏、アヌシー国際アニメ映画祭への出品決定

134

湯浅政明が監督を務めるNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」の配信時期が夏であることが明らかに。あわせてアヌシー国際アニメーション映画祭2020のテレビ部門に出品されることがわかった。

「日本沈没2020」キービジュアル

「日本沈没2020」キービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

「日本沈没2020」

「日本沈没2020」[拡大]

小松左京の小説を原作に、突然の大地震に襲われた日本で窮地に立たされるごく普通の家族の姿を描いた本作。主人公はオリンピックを目指して陸上に打ち込んでいた14歳の少女・武藤歩だ。彼女は父、母、弟とともに東京からの脱出を試みるが、日本列島自体が徐々に沈み始めていく。新たなビジュアルには、青い空と海をバックに何者かがボロボロになった武藤一家の写真を手に取る様子が描かれた。

「日本沈没2020」

「日本沈没2020」[拡大]

2017年に「夜明け告げるルーのうた」で、アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門の最高賞にあたるクリスタル賞を獲得した湯浅。自作が本映画祭に出品されるのは5回目となる。また「日本沈没2020」が日本から唯一のテレビ部門のノミネート作品となった。なお映画祭は新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受け、オンラインでの開催が決定。6月15日から30日にかけて行われる。

「日本沈没2020」はNetflixで全世界独占配信。キャストには上田麗奈村中知佐々木優子てらそままさきが名を連ねた。

※記事初出時、オンラインでの開催期間に誤りがありました。お詫びして訂正いたします

この記事の画像(全5件)

関連記事

湯浅政明のほかの記事

リンク

関連商品

(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners