「ぼくらの7日間戦争」「ルパン三世 THE FIRST」アヌシーコンペ部門に選出

276

アヌシー国際アニメーション映画祭2020の長編コンペティション部門のノミネーションが決定。日本から「ぼくらの7日間戦争」と「ルパン三世 THE FIRST」が選出された。

「ぼくらの7日間戦争」ポスタービジュアル (c)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

「ぼくらの7日間戦争」ポスタービジュアル (c)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

6月15日から30日にかけて開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭2020。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、今年度はオンラインでの開催となる。

「ぼくらの7日間戦争」は、宗田理の小説「ぼくらの七日間戦争」の舞台を2020年に移して劇場アニメ化した作品。学校では目立たない歴史マニアの鈴原守に北村匠海(DISH//)、彼が片思いする幼なじみ・千代野綾に芳根京子が声を当て、1988年公開の実写映画に出演した宮沢りえが“2020年の中山ひとみ”として同じキャラクターを演じている。村野佑太が監督を務め、日本では2019年12月に公開された。

「ルパン三世 THE FIRST」ポスタービジュアル (c)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

「ルパン三世 THE FIRST」ポスタービジュアル (c)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会[拡大]

そして「ルパン三世 THE FIRST」は、山崎貴が監督したフル3DCG作品。ルパン一世が唯一盗み出せなかったお宝“ブレッソン・ダイアリー”に、ルパン三世一味が挑むさまを映し出す。栗田貫一小林清志浪川大輔沢城みゆき山寺宏一といったおなじみのキャストのほか、広瀬すず吉田鋼太郎藤原竜也がゲスト出演。日本では同じく2019年12月に公開された。

長編コンペ部門にはそのほか、ベルギーとフランスの「Bigfoot Family(原題)」、フランスとデンマークの「Calamity, une enfance de Martha Jane Cannary(原題)」、ロシアの「Ginger's Tale(英題)」、モーリシャスの「Jungle Beat: The Movie(原題)」などがノミネートされている。

なおアヌシー国際アニメーション映画祭2020の長編コントルシャン部門には、岩井澤健治の監督作「音楽」と、日本・インドネシア合作の「True North(原題)」がノミネート。また、学生部門には多摩美術大学の金子勲矩による「The Balloon Catcher」が選出された。テレビ部門には湯浅政明のNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」も選ばれている。

アヌシー国際アニメーション映画祭2020 長編コンペティション部門ノミネーション

「ぼくらの7日間戦争」(日本)
「Bigfoot Family(原題)」(ベルギー・フランス)
「Calamity, une enfance de Martha Jane Cannary(原題)」(フランス・デンマーク」
「Ginger's Tale(英題)」(ロシア)
「Jungle Beat: The Movie(原題)」(モーリシャス)
「Kill It and Leave this Town(原題)」(ポーランド)
「ルパン三世 THE FIRST」(日本)
「Nahuel and the Magic Book(英題)」(チリ・ブラジル)
「Petit Vampire(原題)」(フランス)
「The Nose or the Conspiracy of Mavericks(英題)」(ロシア)

この記事の画像(全2件)

関連記事

村野佑太のほかの記事

リンク

関連商品