アヌシー国際アニメ映画祭がオンラインで開催決定

105

アヌシー国際アニメーション映画祭2020が、6月15日から30日にかけてオンラインで開催されることがわかった。

アヌシー国際アニメーション映画祭2020ロゴ

アヌシー国際アニメーション映画祭2020ロゴ

大きなサイズで見る(全3件)

カンヌ国際映画祭から独立する形で1960年に始まったアヌシー国際アニメーション映画祭は、アニメーションに特化した映画祭としては世界最大規模を誇るもの。例年フランス東部のアヌシーで行われていたが、今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、従来の形での開催は中止に。オンラインでの展開が検討されており、このたび正式に実施が決定した。

「日本沈没2020」キービジュアル

「日本沈没2020」キービジュアル[拡大]

映画祭は現地時間4月15日に短編コンペティション、卒業制作、テレビなど7つの部門のオフィシャルセレクションも発表。今年は世界中から約3170本の応募があった。日本からは湯浅政明が監督を務めるNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」がテレビ部門にノミネート。なお長編コンペティション部門とVR部門の作品は5月中旬にアナウンスされる予定だ。

この記事の画像(全3件)

関連記事

湯浅政明のほかの記事

リンク