映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

山田洋次、「男はつらいよ」でマドンナ演じた八千草薫をしのぶ「ずっと憧れの人」

216

左から前田吟、浅丘ルリ子、倍賞千恵子、山田洋次、後藤久美子、吉岡秀隆、夏木マリ。

左から前田吟、浅丘ルリ子、倍賞千恵子、山田洋次、後藤久美子、吉岡秀隆、夏木マリ。

男はつらいよ お帰り 寅さん」が本日10月28日に第32回東京国際映画祭でオープニング上映され、キャストの倍賞千恵子吉岡秀隆後藤久美子前田吟夏木マリ浅丘ルリ子、監督の山田洋次が東京・EX THEATER ROPPONGIで行われた舞台挨拶に登壇した。

「男はつらいよ」シリーズ第50作となる本作では、新撮映像と4Kデジタル修復された過去作の映像がつなぎ合わせられている。倍賞が主人公・車寅次郎の妹さくら、吉岡がさくらの息子・満男、後藤が満男の初恋の相手イズミ・ブルーナ、前田がさくらの夫・博を演じ、そのほかシリーズを彩った“マドンナ”からは、2人が参加。イズミの母・原礼子に夏木、寅次郎がもっとも思いを寄せた女性・リリーに浅丘が扮した。

山田は今作について「50年かけて作った映画というのは、きっとないでしょうね。僕の演出が下手くそでも年月の重みだけは伝わると思っています」と客席に向かって語りかける。そして「皆さんはこれから、倍賞さんや前田くんの50年前の姿を見ることができます!」と続けると、倍賞が「キャー、嫌だ!」と小さな悲鳴を上げ、笑いを誘った。倍賞は寅次郎を演じた渥美清について「人として何が大切かを教えてくれた人」と表現。「撮影の間、どこかで見ていてくれてるんじゃないかな?と思っていました」と振り返る。23年ぶりでも違和感なく倍賞と夫婦を演じることができたと話すのは前田。「今まで150本ほどの映画に出演しましたが、ほとんどが脇役です。バイプレイヤーは本当に難しい! 特に博は難しかった。その難しい役を楽しく演じることができたのは、寅さんとさくらさんのおかげです」と渥美と倍賞への信頼をのぞかせた。

吉岡は「この作品を撮影しているときは平成だったと思うのですが、気付くと令和です。皆さんが令和になって初めて寅さんに出会える人なんだなと思うとうらやましく思います」とはにかむ。23年ぶりに共演した後藤について尋ねられると「(撮影中は)恋をしていました!」と恥ずかしそうに打ち明け、「でも僕は寅の甥なので、仕方ないことなんです」とほほえんだ。一方の後藤は「吉岡くんがいてくれたおかげで、撮影が順調に進みました。離れたところでいろんな経験をした満男くんとイズミちゃんの再会は、とても興味深いシーンがたくさん撮れたと思います。吉岡くんどうもありがとう」と感謝を伝え、それを受けて吉岡は「どうしたのよ、急に!」と照れていた。

今作で本シリーズに6度目の参加を果たした夏木は「何度も出していただいて、感激しています。そして、記念すべき50作目にも出演できてうれしく思います」と喜びをあらわにし、「遊び心のある作品なので、今日は私も張り切って『寅』があしらわれた着物を着てきました!」とアピールして客席を沸かせる。浅丘は「私も今回で6度目の出演になります。また出演できたことがすごくうれしいです。リリーは『ジャズ喫茶リリー』で、きっと寅さんを思いながら働いているんだと思います」と述べ、「初めてこの作品を観たときに『山田さん素敵!』と言いながら山田さんの首に抱きついたぐらい、本当に素敵な作品になってます」と太鼓判を押した。

またイベント中盤には、渥美の姿がスクリーンに映し出される中、登壇者と来場者が主題歌「男はつらいよ」を歌唱する一幕も。最後に山田は、シリーズ10作目「男はつらいよ 寅次郎夢枕」でマドンナ役を務めた八千草薫が10月24日に死去したことに触れ「僕たちの世代にとっては、ずっと憧れの人でした。亡くなったことを聞いてとても驚いています。これから観ていただく映画の中に、とっても美しい八千草さんの姿も映っています。皆さん、お別れを言ってあげてください」と観客に呼びかけ、イベントを締めくくった。

「男はつらいよ お帰り 寅さん」は12月27日より全国ロードショー。

(c)2019 松竹株式会社

映画ナタリーをフォロー