八千草薫の追悼上映で「男はつらいよ」「宮本武蔵」など6本を35mm上映

162

2019年10月24日に死去した八千草薫の追悼上映が、1月26日から31日にかけて東京・新文芸坐で行われる。

「宮本武蔵(1954年)」 (c)TOHO CO.,LTD.

「宮本武蔵(1954年)」 (c)TOHO CO.,LTD.

大きなサイズで見る(全6件)

「男はつらいよ 寅次郎夢枕」 (c)1972 松竹株式会社

「男はつらいよ 寅次郎夢枕」 (c)1972 松竹株式会社[拡大]

「蝶々夫人(1955年)」 (c)TOHO CO.,LTD.

「蝶々夫人(1955年)」 (c)TOHO CO.,LTD.[拡大]

「追悼・八千草薫 ~その可憐、薫風の如く」と題されたこの特集では、35mmプリントで6本を上映。ジャコモ・プッチーニのオペラを映画化した「蝶々夫人」や、稲垣浩が監督、三船敏郎が主演を務めた「宮本武蔵」シリーズの3作品、八千草がマドンナを演じた山田洋次の「男はつらいよ 寅次郎夢枕」などがスクリーンにかけられる。詳しい上映スケジュールは劇場の公式サイトで確認を。

追悼・八千草薫 ~その可憐、薫風の如く~

2020年1月26日(日)~31日(金)東京都 新文芸坐
料金:一般 1450円 / 学生 1350円 / シニア、障害者、小学生以下 1200円 / 友の会 1150円
ラスト1本料金:一般、学生 1000円 / シニア、友の会 950円
<上映作品>
蝶々夫人(1955年)
「男はつらいよ 寅次郎夢枕」
宮本武蔵(1954年)
続宮本武蔵 一乗寺の決闘
乱菊物語
宮本武蔵 決闘巌流島
※「蝶々夫人」は冒頭数分間が欠落したプリントでの上映

この記事の画像(全6件)

関連記事

八千草薫のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 続宮本武蔵 一乗寺の決闘 / 乱菊物語 / 宮本武蔵 決闘巌流島 / 男はつらいよ 寅次郎夢枕 / 蝶々夫人(1955年) / 宮本武蔵(1954年) / 八千草薫 / 稲垣浩 / 三船敏郎 / 山田洋次 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。