映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ダンスウィズミー」現場レポ、やしろ優が自由に踊りchayは“絶叫トレーニング”

124

「ダンスウィズミー」撮影現場より。

「ダンスウィズミー」撮影現場より。

矢口史靖の監督最新作「ダンスウィズミー」の制作現場に映画ナタリーが密着し、2回にわたってレポート。第2弾となる今回は、やしろ優chayのコメントも紹介する。

三吉彩花が主演を務める本作は、一流商社勤務のOL・鈴木静香を主人公とするミュージカルコメディ。催眠によって「音楽を聴くと、歌って踊らずにいられない」体になってしまった静香が、自分に術をかけた催眠術師を追いかけるさまを歌と踊りをふんだんに交えながらコミカルに描き出す。やしろは催眠術にかかったフリをするサクラの斎藤千絵、chayは謎のストリートミュージシャン・山本洋子を演じた。

2018年8月の下旬、千葉県内の廃校にはやしろとchayのほか、三吉、興信所の調査員・渡辺義雄役のムロツヨシ、静香に術をかけた催眠術師・マーチン上田役の宝田明が集合し、終盤のダンスシーンを撮影した。Tシャツと短パン姿で前髪をちょんまげのように結んだやしろと、ギターを抱え真っ白なドレスに身を包んだchayは、時折三吉と談笑しながら和やかな表情を浮かべる。

7月の下旬にクランクインし、新潟や北海道でのロケを経て、この日が撮影の折り返し地点。本格的な映画出演は本作が初めてとなるやしろは「しばらくずっとドッキリだと思ってました」となかなか実感を得られなかったという。普段主戦場とするバラエティ番組とは、間の取り方などの違いで苦戦することもあったと語るが「本番で『ああ……間違えた』と思ってもOKだったこともあったりして、決まったことをやっているけれども、現場のその時々で変わっていく雰囲気がすごく新鮮。面白いなって思いました!」と目を輝かせた。

撮影現場では、やしろが「ダンス、今の感じで大丈夫でしたか?」と矢口に聞きに走る様子も。しかし矢口は、基本的にはやしろに対して明確な指示は出さないという。「『もっと自然にしてほしいから、フリは覚えなくていいよ』って言ってくださるんです。監督は自分がやってほしいことを指示するんじゃなくて、人に合ったアドバイスをしてくださるので、私が『わかりました、自由に動きます!』って言っていいんだという空気を作ってくださるんです」と述べる。これまでのキャリアで出演シーンが一番長い作品ということもあり、「プレッシャーも感じている」と心境を明かしたが「私じゃなきゃできない役、と思って自信を持ってやるようにしています」と前向きに語った。

本作が演技初挑戦となるchayは、ストリートミュージシャンという役柄に親近感が湧いたという。「性格に共感するところが多いです。衣装やヘアメイクは、まさにデビュー前の私そのものでした。クランクインして最初に撮ったのが路上ライブのシーンだったんですが、当時の私を思い出してすごく懐かしいなーと感じました」と思い返す。プールで行われたダンスシーンの撮影では、デッキブラシを持ったカップルの合間にchayが割って入り、ともに踊りだす様子が収められた。地元の小学生たちが歓声を上げながらホースで水をまき散らす中、滑り込むようにフレームに入ったchayは、カメラの前で腰を大きく反らせてギターを弾きながら歌う演技を披露した。

またchayは、劇中で見せる絶叫シーンのために行ったこととして「皆さんが見てる中で叫ぶことがなかなかできなかったので、羞恥心を消してリミッターを外すトレーニングをしてもらいました。監督とスタッフさんが円になって、私がその中心に入るんです。監督がまず『ちゃんぽん食べてえんだよ!』とかくだらないことを叫んで、ほかの人も『あちいんだよ!』とか『おなかすいた!』とかそれぞれ叫んで、最後に私が叫ぶんですよ。そしたらちゃんと叫べるようになってました」と“矢口式絶叫トレーニング”の模様を語った。

やしろとchayは、撮影を通じて三吉ともかなり打ち解けた様子。3人で遊びに行ったこともあると言い、chayは「三吉さんが女優で、やしろさんはお笑い芸人、私が歌手。ジャンルがバラバラなのにすぐに仲良くなれました」と笑う。やしろが「全員行動がバラバラだけど、まとまっているというか。買い物に行ったときも、それぞれ違うお店に行って、電話で『今どこー?』って言って集合する。でも別に嫌じゃないんですよね」と語ると、chayは「相性抜群だよね」と同意した。

「ダンスウィズミー」は2019年夏に全国で公開される。

(c)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

映画ナタリーをフォロー