映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジブリ色彩設計の全貌!「映画を塗る仕事」展が明日開幕、企画のきっかけはタタリ神

401

安西香月

安西香月

「『映画を塗る仕事』展」が明日11月17日より、東京・三鷹の森ジブリ美術館にて開催。一般公開に先駆け、本日11月16日に館長の安西香月による展示説明と内覧会が行われた。

同展では高畑勲宮崎駿がこだわったアニメーションの色使いが、当時のセル画などを通して紹介される。光の当て方で時刻や天候を表現し、物の材質や質感も実写とは異なるリアリティを志向した両監督。彼らの要求に最大限に応えたスタッフの創意工夫を、彩色の面から解き明かす。三鷹の森ジブリ美術館にとっては1年半ぶり、17回目の新規展示となる。安西によると、準備は本日の朝まで慌ただしく行われていたという。

スタジオジブリがセル画用の絵具で映画制作を行ったのは、1997年公開の「もののけ姫」が最後。企画のきっかけは、安西が常設展示室のセル画を取り替えようと、久しぶりに保管箱を開けたことだった。安西は「最初に出てきたのはタタリ神でした。そして、それまでの展示より、手の込んだものが大量に出てきた。宮崎監督に昔はこれを1枚ずつ描かせてたんですか?と聞いてみると『そうだよ』って(笑)」と述懐。なお「もののけ姫」では歴代最高となる580色のセル画用の絵具が使用された。主人公のアシタカが矢を射るシーンでは、1枚のセルに68色の絵具が使用されている。

展示では数々のジブリ作品の色彩設計を担当した保田道世の仕事を中心に、テーマごとに実例を用いてポイントを解説。「時刻によって変わる色」では「となりのトトロ」に登場するネコバスの色が1日の時間帯でどのように変化しているのかを知ることができる。安西は「ジブリの作品は時間の流れを細かく表現しています。ちょっとした色の違いで時間や情景を事細かに描き分けています」と語り、黄昏時、夕方、街灯が当たったときのネコバスの色彩を例に挙げる。さらに「両監督(高畑勲と宮崎駿)は夜を表現するときに画面を暗くするのではなく、透明感を保つため色を変えて表現しているんです。その技術は綿々と受け継がれています」と語った。

また2人が特にこだわった光や水の表現における彩色テクニックを紹介する「光を塗る」「水中と空中の色を塗る」「影の役割」といったパネルも用意された。「リアリズムの追求」と題したパネルでは、「火垂るの墓」で節子が顔に蛍の光を浴びるシーンの色彩設定を事細かに知ることができる。加えて「表現のテクニックを学ぶ」では、高畑と宮崎が「長くつ下のピッピ」制作準備中の1971年頃に出会い感銘を受けたというロシアの挿絵作家イヴァン・ビリービンを紹介。最後に安西は「手の込んだセルをできる限り並べました。すべて見ると本当に疲れます」と充実の展示内容に自信をのぞかせた。テーマ別のパネルは40点用意され、計196枚のセルを見ることができる。

「『映画を塗る仕事』展」は、2019年11月までの開催を予定。なお三鷹の森ジブリ美術館への入場は日時指定の予約制で、毎月10日に翌月入場分チケットが全国のローソンにて販売される。詳細は同美術館の公式サイトで確認してほしい。

(c)Studio Ghibli (c)Museo d'Arte Ghibli

映画ナタリーをフォロー