映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福士蒼汰が江口洋介に感謝、吉沢亮は人見知りを謝罪?「BLEACH」キャストが告白合戦

3762

「BLEACH」公開記念舞台挨拶にて、左から佐藤信介、MIYAVI、早乙女太一、杉咲花、福士蒼汰、吉沢亮、小柳友、江口洋介。

「BLEACH」公開記念舞台挨拶にて、左から佐藤信介、MIYAVI、早乙女太一、杉咲花、福士蒼汰、吉沢亮、小柳友、江口洋介。

BLEACH」の公開記念舞台挨拶が、本日7月21日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの福士蒼汰杉咲花吉沢亮小柳友早乙女太一MIYAVI江口洋介、監督の佐藤信介が登壇した。

客席側のドアからサプライズ登場し、観客とハイタッチしながらステージへと向かったキャストたち。序盤から大盛り上がりの中、主人公・黒崎一護役の福士は「公開初日にお越しいただきありがとうございます」と感謝し、石田雨竜役の吉沢は笑顔の観客を見渡しながら「皆さんの顔がにぎやかで……あれ、なんか違いますね」と発言して笑いを誘う。

本作はクランクアップ後、1年以上の歳月を費やして編集やCG処理が行われた。見どころを尋ねられた杉咲は「CGです」と即答。特に悪霊・虚<ホロウ>のCGの再現度に言及し、「撮影ではざっくりとした(虚<ホロウ>の)顔が描いてあるダンボールみたいな紙に棒が付いたものに目線を合わせていたので(笑)。完成したものを観たら想像以上でした!」と目を輝かせる。

続いて吉沢が「いっぱい見どころあるからなあ」と回答に悩んでいると、小柳が「さっき小さい声で『CG……』って言ってたよね(笑)」と暴露。吉沢は「俺もCGの話しようと思ってたから」と苦笑しつつ「でも、アクションがすごいですね! 死神の皆さんのアクションがド迫力で。日本映画ではあまり見られない、派手なCGを駆使したアクションが見どころです」と伝える。早乙女も「アクションって言おうと思ったのにー!」と悔しがり、「キャラクターそれぞれの心の闘いがいろいろな形で表現されている」と心理描写が優れていることもアピールした。

キャスト陣がCGのすごさに盛り上がっていると、佐藤は「実は虚<ホロウ>より駅のほうが制作に時間がかかった。背景は全部CG。そういう、なんでもないような部分にも注目して観ると面白いと思います」と監督ならではの見どころを解説。そんな佐藤に、福士は「監督は包み込んでくれる温かさのある“ウォーム”な人。でも緻密さやスマートさがあって“クール”な部分も感じました」と撮影現場を振り返った。

舞台挨拶では、登壇者たちが「今だから言える○○」をテーマにフリップトークを展開する企画も。まずは杉咲から吉沢に「会話ができて嬉しかった!!」とメッセージが。杉咲が「福士さんから『吉沢くんはすごく人見知りだよ』と言われて。でもクランクアップの日に話しかけてくださったんです」と明かすと、福士は「ギリギリだね(笑)」とツッコむ。吉沢は「話さないと駄目だと思って『何が好きなの?』って聞いたら『かき氷です』って。かわいかったです」とほほえみながら回想。そんな吉沢は、現場でもよく会話していたという小柳に「ごめんなさい」と書いたフリップを見せ「初号試写でひさしぶりに会ったとき、隣に座ってはいるけど何話していいかわからなくなっちゃって……」と弁解。吉沢から“兄貴的存在”と言われていた小柳は「そんな亮くんもかわいかった!」と言って兄弟感を見せつけた。

また福士は父親役の江口に「寡黙な印象があったんですけど」と説明して「盛り上げ役」と書いたフリップを掲げる。「大先輩なんですけど、テレビ番組でも盛り上げてくださってありがたかったです」と感謝。早乙女は「ドキドキ……ドキドキ……あ、ドキドキ……」と書いたフリップを自身で読み上げ、共演者たちを「どういうこと!?」と仰天させる。その理由を「10代の頃からMIYAVIさんの音楽を聴かせていただいていて……ファンだったんです!」と本人の横で緊張気味に伝えると、MIYAVIは「なんで言ってくれないの!(笑)」と嘆いていた。

「BLEACH」は7月20日より全国で上映中。

(c)久保帯人/集英社 (c)2018映画「BLEACH」製作委員会

映画ナタリーをフォロー