映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

キネマ旬報が選ぶ1970年代日本映画ベストテン、第1位は「太陽を盗んだ男」

1216

明日7月20日に発売されるキネマ旬報8月上旬特別号で「1970年代 日本映画 ベスト・テン」が発表され、沢田研二主演・長谷川和彦監督作「太陽を盗んだ男」が第1位に選ばれた。

今号では、キネマ旬報の創刊100年特別企画第2弾として「キネマ旬報ベスト・テン」選者や映画評論家、映画監督など総勢115名が「1970年代 日本映画 ベスト・テン」を選出。誌面には161位までの詳細なランキング、選者全員が選んだそれぞれの10本と選評、1970年代の日本映画の興行収入、日本映画を彩った俳優などが掲載されている。

7月で創刊100年を迎えたキネマ旬報は、今後1年間を通じて年代別のベスト10特集特別号を発売していく。次回の特集「1980年代 外国映画 ベスト・テン」「1980年代 日本映画 ベスト・テン」は冬に展開される予定だ。

なお今号では、ほかにも「未来のミライ」のグラビアインタビューや、生誕100年を迎えたイングマール・ベルイマンの特集などが組まれている。

映画ナタリーをフォロー