映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

菅田将暉と土屋太鳳がやりたい“初めて”は?山田裕貴は「地球の重力を感じたい」

1246

「となりの怪物くん」初日舞台挨拶の様子。

「となりの怪物くん」初日舞台挨拶の様子。

本日4月27日、「となりの怪物くん」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、キャストの菅田将暉土屋太鳳古川雄輝山田裕貴池田エライザ浜辺美波速水もこみち、監督の月川翔が登壇した。

イベント前に清掃やアナウンス、観客の出迎えなど劇場スタッフの仕事を体験した菅田は「この前イベントに出たときに『負けたらなんでもやってやる』と宣言した対決に負けて……」と経緯を明かしたあと「劇場にお世話になりっぱなしなので、感謝の意味を込めてやらせていただきました。みんなポップコーンとかこぼさないでね? けっこう大変なんだから!」と冗談交じりに観客に呼びかける。そして菅田とともに体験に参加した土屋は「映画館には映画の神様がいる感じがするから、恩返しができた気がしてうれしかったです」と感慨深げに話した。

続いて、本作のストーリーにちなんで登壇者たちが“初めてやってみたいこと”を発表することに。菅田は「海外旅行を1人でしたい!!」と書かれたフリップを見せて「なぜか僕の周りでインドへ1人旅に行ったやつが3人いて、みんな『いいものもらってきた』と言うんです。ぜひ行ってみたいな」と理由を述べた。“ホームパーティ”を選んだ土屋が「『MOCO'Sキッチン』を参考にしながら、大皿料理を作りたいと思います」と目を輝かせると、速水は身を乗り出しながら「これは俺が出張で行くしかないですね!」とアピール。また、古川が「ケーキバイキングに行きたい」とロールケーキ好きを明かした際には、速水は「作りましょうか?」とすかさず声をかけて観客の笑いを誘った。

同じ質問に、山田は「地球の重力を感じたい。皆さん地球を感じてます?」とファンに問いかけながら“スカイダイビング”と答えた。池田は流鏑馬への憧れを語りながら「やれるところがあったら教えてください!」と情報を求め、浜辺は「昼休みに全力でバレーボールがしたい!」と弾けんばかりの笑顔を見せる。

最後に土屋は「(本作を)たくさんの方々に受け取っていただきたいです。末長く愛してください」と、菅田は「『とな怪』を愛していただければと思います。これからよろしくお願いします!」と挨拶をしてイベントを締めくくった。

「となりの怪物くん」は菅田演じる問題児・吉田春と、土屋扮するガリ勉冷血女子高生・水谷雫という友達のいない2人を軸にしたラブコメディ。全国の劇場で上映中。

(c)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (c)ろびこ/講談社

映画ナタリーをフォロー