コナンが週末動員3週連続1位、アベンジャーズは次点!とな怪&ママレも初登場

1420

4月28日から29日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、劇場版第22弾となる「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」が3週連続1位に輝いた。

「名探偵コナン ゼロの執行人」メインビジュアル (c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン ゼロの執行人」メインビジュアル (c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

大きなサイズで見る(全10件)

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」日本版ポスタービジュアル (c)Marvel Studios 2018

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」日本版ポスタービジュアル (c)Marvel Studios 2018[拡大]

2位には「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が初登場でランクイン。4月27日に公開された本作は公開から4日間で興行収入12億円、動員83万人を記録している。また同日に封切られたアメリカではオープニング興行成績2億5千万ドルとなり、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が2015年に樹立した記録を超えて歴代1位に。また世界市場では6億3千万ドルを売り上げ、これも「ワイルド・スピード ICE BREAK」が持っていた記録を抜きオープニング興行で歴代最大のヒットを飛ばしている。

「となりの怪物くん」ポスタービジュアル (c)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (c)ろびこ/講談社

「となりの怪物くん」ポスタービジュアル (c)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (c)ろびこ/講談社[拡大]

そのほか初登場は2作。菅田将暉と土屋太鳳が共演した「となりの怪物くん」が6位に、桜井日奈子と吉沢亮が出演した「ママレード・ボーイ」が8位に。公開7週目となる「リメンバー・ミー」が5位、6週目となる「ボス・ベイビー」が9位とトップ10を維持している。またヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」が公開11週目を迎え、初めて10位圏外に落ちた。

2018年4月28日~29日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 3週目)「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」
2.(NEW)「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」
3.(2↓ / 2週目)「レディ・プレイヤー1
4.(3↓ / 3週目)「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~
5.(4↓ / 7週目)「リメンバー・ミー」
6.(NEW)「となりの怪物くん」
7.(5↓ / 2週目)「いぬやしき
8.(NEW)「ママレード・ボーイ」
9.(6↓ / 6週目)「ボス・ベイビー」
10.(8↓ / 4週目)「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~ / となりの怪物くん / いぬやしき / ママレード・ボーイ / ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル / ボス・ベイビー / レディ・プレイヤー1 / リメンバー・ミー / 名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん) / アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。