映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

菅田将暉と土屋太鳳が「となりの怪物くん」PRで吉本新喜劇に初挑戦

606

左から内場勝則、菅田将暉、土屋太鳳、山田花子。

左から内場勝則、菅田将暉、土屋太鳳、山田花子。

となりの怪物くん」でダブル主演を務める菅田将暉土屋太鳳が、映画のプロモーションのため大阪を訪問。5月2日になんばグランド花月で行われた吉本新喜劇に出演した。

「となりの怪物くん」は、菅田演じる問題児・吉田春と土屋扮するガリ勉冷血女子高生・水谷雫という友達のいない2人を軸にしたラブコメディ。大阪出身であり家族で新喜劇を鑑賞したこともある菅田と、母親が新喜劇の大ファンという土屋は、今回本人役として出演した。本読みの段階にて、菅田は映画の劇中シーンを再現する場面におけるセリフの変更を提案。春が「俺、雫のこと好きかも」と言うセリフが、新喜劇のメンバーである山田花子に合わせて「俺、花子のこと好きかも」に変更された。

会場には約900名が集まり、立ち見も観客も出ていた。2人の登場はサプライズとなっており、壇上に姿を現すと大歓声が沸き起こる。挨拶のために菅田が手を挙げると、“まねするネタ”と勘違いした観客が一斉に万歳のポーズを取る場面も。そのほかひょっとこに似ているという理由で烏川耕一をイジるくだりや、大人数でのずっこけ、何か言おうとして何も言わずに去るという定番ネタなどを披露した。新喜劇に初挑戦した2人のコメントは下記の通り。

「となりの怪物くん」は全国で公開中だ。

菅田将暉 コメント

とても緊張しましたが、本当に楽しかったです! 挨拶しようと手をあげたら、皆さんも何故か手をあげて! そういうことじゃない!って思いながら……(笑)。本当にそのくらいノリが良くて優しいお客さんばかりでした。そして実際に舞台に立って気付いたことは、新喜劇メンバーの皆さん本当に声が通るんです! 合わせようとして頑張ったので、終わったら声が枯れていました(笑)。

土屋太鳳 コメント

新喜劇の舞台に立つことができて、嬉しかったです。定番のくだりに参加させていただくのはとても緊張したのですが、本当にお客さんの反応が優しくてフォローしていただけて、感激しました。楽しい時間はあっという間で、もっともっとあの場所に居たかったです。菅田さんが最初大きな声ではじめてくださったので、私も大きな声を出すことができました!(笑)

(c)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (c)ろびこ/講談社

映画ナタリーをフォロー