映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「とな怪」菅田将暉が新社会人にアドバイス、土屋太鳳は西野カナの生歌に涙

1358

「となりの怪物くん」“フレッシャーズ大集合!”イベントの様子。左から西野カナ、菅田将暉、土屋太鳳。

「となりの怪物くん」“フレッシャーズ大集合!”イベントの様子。左から西野カナ、菅田将暉、土屋太鳳。

となりの怪物くん」の“フレッシャーズ大集合!”イベントが本日4月23日に東京・EX THEATER ROPPONGIで行われ、キャストの菅田将暉土屋太鳳、主題歌と挿入歌を提供した西野カナが出席した。

本作は菅田演じる問題児・吉田春と、土屋扮するガリ勉冷血女子高生・水谷雫という友達のいない2人を軸にしたラブコメディ。西野は主題歌「アイラブユー」を担当したほか、「Best Friend」「LOVE & JOY」など自身の楽曲群を挿入歌として提供している。イベントには、この4月から新生活を送っている新入生や新社会人が招待された。

Instagramのアカウントを持っている土屋は、4月から「新しいクラスに入ったよ」など新生活を思わせるコメントが付くことに触れ「4月って本当にスタートの季節なんだと実感してます。でも新生活って慣れない日常に疲れると思うんです。だから踏ん張りすぎて疲れた方がこの映画で安らいでくれたら」と笑顔でアピール。会場から「かわいい……」の声が不意に漏れると、菅田が「でしょー」とニヤけて笑いを誘う。

イベントにちなみ“門出”を感じた瞬間を菅田が語る。「やっぱり上京ですね」と16歳のときに大阪から東京へ出てきた頃のことを回想。「新しい環境はドキドキと言うかパニックでしたね。朝4時ぐらいに自分で起きて仕事場に行って」と続けたあと、土屋の「(仮面)ライダーのとき?」という質問に「そうそう。はっきり言うたな(笑)」と苦笑い。菅田が主演を務めた「仮面ライダーW」を観ていたという土屋は「いつも(菅田演じる)フィリップに元気をもらってました」と伝えた。

土屋は10歳の頃に受けたという“薬師丸ひろ子のような女優を探す”ことがコンセプトのオーディションを振り返る。「オーディションの最後に薬師丸さんから激励のメッセージをいただいたんです。それを観てまだ身長が130cmしかなかった私は『女優になりたい』じゃなくて『なってやる!』と強く思いました」と述懐すると、菅田は「パワフルな門出やな」と反応した。

続いて菅田と土屋が、SNSで事前に集まった質問に答えていく。新社会人からの「上司とドラマや音楽の話が合わない」という世代間ギャップに関する相談を受けた菅田は「カラオケなんかに行ったときに、全力で歌う昔の曲を用意してますよ」とコミュニケーション法を伝授。classの「夏の日の1993」がお気に入りだそうで、ほかにも徳永英明や尾崎豊の楽曲を歌うという。土屋が横で「すごい贅沢……!」と物欲しげな顔を見せると、菅田は「歌わせようとしてるけど、歌わねえからな(笑)」と拒否。会場からは残念がる声も聞こえた。

イベントでは西野が「アイラブユー」を披露する場面も。舞台袖で鑑賞していた菅田は「いや、うれしいですね。撮影を思い出しました」と語り、劇中での音楽については「あるシーンでこんなに歌詞がハマるんだとビックリしました。音楽が人物の感情を補ってくれるというか」と続けた。また生披露に感激した土屋は目に涙を浮かべる。歌唱を終えた西野は「春くんと雫ちゃんの前で歌えるとは思ってなかったので。すごく贅沢なステージをありがとうございます」と感謝を述べた。

ろびこの同名マンガを「君の膵臓をたべたい」の月川翔が実写化した「となりの怪物くん」は、4月27日より全国ロードショー。菅田と土屋のほか、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳、佐野史郎、速水もこみちがキャストに名を連ねている。

(c)2018「となりの怪物くん」製作委員会 (c)ろびこ/講談社

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー