映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

国立映画アーカイブ開館記念、日本映画の歩みを振り返る企画展が開催

110

「煙突の見える場所」

「煙突の見える場所」

企画展、および企画上映「国立映画アーカイブ開館記念 映画を残す、映画を活かす。」が、4月10日から東京・国立映画アーカイブにて行われる。

これは4月1日から東京国立近代美術館よりフィルムセンターが独立し、日本で6番目の国立美術館となる新組織“国立映画アーカイブ”に生まれ変わったことを記念したもの。1952年、当時の国立近代美術館のフィルムライブラリー事業から始まった日本における映画アーカイブの歩み。同企画では8万本を超える所蔵フィルムの中から、日本映画史上の代表的な映画人、トピックを収めた映像を厳選し、近年の復元作とあわせて紹介する。

12のプログラムからなる企画上映のラインナップには、計29本の映画と映像が並ぶ。小津安二郎黒澤明衣笠貞之助稲垣浩五所平之助らの演出風景や、尾上松之助成瀬巳喜男マキノ雅弘阪東妻三郎のプライベートの姿、かつての撮影所などを収めた貴重な映像群を観ることができる。また可燃性オリジナルネガフィルムから新たにダイレクトプリントされた「煙突の見える場所」「生きものの記録」も。

「国立映画アーカイブ開館記念 映画を残す、映画を活かす。」は4月22日まで開催。スケジュールの詳細は国立映画アーカイブの公式サイトで確認してほしい。

国立映画アーカイブ開館記念 映画を残す、映画を活かす。

2018年4月10日(火)~22日(日)東京都 国立映画アーカイブ
料金:一般 520円 / 高校・大学生、シニア 310円 / 小・中学生 100円 / キャンパスメンバーズ、障害者(付添者は原則1名まで)は無料
<上映作品>
「雷門大火 血染の纏」
妻よ薔薇のやうに」(英語字幕付き)
「煙突の見える場所」
「生きものの記録」
日本侠客伝 斬り込み
ジャズ娘誕生(デジタル復元版)
地獄門(デジタル復元版)
彼岸花(デジタル復元版)
破れ太鼓
柳生武芸帳(1957年)
新・平家物語(デジタル復元版)」ほか

映画ナタリーをフォロー