映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岩田剛典が考える究極の愛の形とは?「冬きみ」イベントに土村芳と出席

336

「去年の冬、きみと別れ」イベントの様子。左から土村芳、岩田剛典。

「去年の冬、きみと別れ」イベントの様子。左から土村芳、岩田剛典。

去年の冬、きみと別れ」のイベントが本日3月20日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの岩田剛典EXILE三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、土村芳が登壇した。

「去年の冬、きみと別れ」は、中村文則の同名小説を瀧本智行が映画化したサスペンス。ある事件を追いかけるうちに抜け出せない罠にはまっていく記者・耶雲恭介の姿が描かれる。主人公の耶雲を岩田、盲目の美女・吉岡亜希子を土村が演じた。

3月10日より全国で上映されている本作の反響を聞かれた岩田は「この作品はとにかく大どんがえ……」と噛んでしまい、照れ笑いを浮かべる。気を取り直して「大どんでん返し。最後まで結末が予想できなかったという感想が一番多いですね」と印象を語った。同じ質問に土村は「人によっていろいろな解釈ができる映画ということを、改めて感じています」と回答する。

岩田は土村との共演シーンの撮影を振り返りながら「盲目の女性役なのでお芝居中に目線が合うことが少なくて。めっちゃガン見してました」と吐露。目を合わせる演技の場合、緊張するかどうかを問われると「それは緊張しますよね。至近距離で目を合わす機会はなかなかないですから」と答える。それを受け土村は「正直(岩田が)どんな表情をしているのかを見ることができないまま、完成作品を観ました。そのときにこんな顔をされていたんだなと確認できて」とコメント。また盲目の女性を演じるにあたり日常生活に点字を取り入れていたことを明かし、「すごく奥が深いんです。母音と子音の分け方とかを覚えていくうちに夢中になってしまいました」と楽しそうに話した。

続いて2人に「究極の愛の形とは何か?」という質問が飛ぶ。土村は「この世に生まれてまだ27年なので、見つけられていない気がします。これから探していきたいです」と述べ、岩田は「自己犠牲の精神じゃないですか? その人のため、このことのためだったら命を懸けられるというのは、愛の形だと思いますね」と持論を語る。お互いに大きな愛を感じている存在を尋ねられた岩田は「やっぱりメンバーですね。みんなグループ愛に満ちあふれているんで」と明言し、会場に集まったファンを沸かせた。

そして岩田は「瀧本監督と一緒に現場で闘っていたことが今となっては最高の思い出です。この映画にはサスペンスやミステリー要素があるんですが、“愛”というテーマも込められています。はかなくて、苦しくて、心臓をわしづかみにされるような作品なんですけど、皆さんに『愛ってなんなんだろう?』と考えていただければと思います」と胸の内を伝えた。

関連する特集記事

「去年の冬、きみと別れ」特集 岩田剛典インタビューPR
羽田圭介が語る「去年の冬、きみと別れ」PR

(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー