去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

キョネンノフユキミトワカレ

2018年3月10日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2018年(日本) / 配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

解説 芥川賞作家、中村文則による同名小説を『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の岩田剛典を主演で映画化した純愛サスペンス。『脳男』の瀧本智行が監督を務め、結婚を控えたルポライターの主人公が謎の焼死事件の真相を追ううちに、抜けられない深みにはまっていくさまを描く。主人公の婚約者を山本美月、事件の容疑者で天才写真家を斎藤工が好演。

ストーリー 彼女との結婚を間近に控えた気鋭のルポライター、耶雲恭介は、本の出版を目指していた。そんなある日、耶雲は盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、事件の容疑者で、世界的フォトグラファーの木原坂雄大に目を付ける。耶雲は事件の真相に近づこうとするが……

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全15件)