ゆうばり映画祭2018、「燃える仏像人間」の宇治茶が手がけたビジュアル解禁

317

3月15日から19日にかけて北海道・夕張市で開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018。このたび、「燃える仏像人間」で知られるクリエイター・宇治茶が手がけた同映画祭のキービジュアルが公開された。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018のキービジュアル。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018のキービジュアル。

大きなサイズで見る

ビジュアルには、映画祭のマスコットキャラクター“シネガー”や夕張市のゆるキャラ“メロン熊”などさまざまなキャラクターが描かれており、「世界で一番楽しい映画祭」というコピーも添えられている。宇治茶は「僕が初めて監督した長編映画『燃える仏像人間』を最初に上映していただいたのが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013でした。北海道を訪れることも初めてだったのですが、とんでもない寒さと映画祭の暖かさと、屋台村での楽しいひとときをよく覚えています」とコメントを寄せた。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018のラインナップ発表記者会見は、2月2日に北海道・札幌グランドホテルで行われる。

宇治茶 コメント

僕が初めて監督した長編映画「燃える仏像人間」を最初に上映していただいたのが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013でした。北海道を訪れることも初めてだったのですが、とんでもない寒さと映画祭の暖かさと、屋台村での楽しいひとときをよく覚えています。そんな思い出深い映画祭のメインビジュアルを描かせていただき、本当に嬉しいです。

関連記事

宇治茶のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 宇治茶 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。