映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

溝端淳平はラムちゃん、山田裕貴はアライグマと戦いたい!?「破裏拳ポリマー」初日

562

「破裏拳ポリマー」初日舞台挨拶の様子。左から神保悟志、柳ゆり菜、山田裕貴、溝端淳平、原幹恵、長谷川初範、坂本浩一。

「破裏拳ポリマー」初日舞台挨拶の様子。左から神保悟志、柳ゆり菜、山田裕貴、溝端淳平、原幹恵、長谷川初範、坂本浩一。

本日5月13日、「破裏拳ポリマー」の初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9にて行われ、キャストの溝端淳平山田裕貴原幹恵柳ゆり菜神保悟志長谷川初範、監督の坂本浩一が登壇した。

タツノコプロ創立55周年作品である本作は、“破裏拳”の達人である鎧武士(よろいたけし)の活躍を描くSFアクション。武士役の溝端は「一昨年の夏、坂本監督のご指導のもと汗だくになりながらアクションの訓練をして、昨年の冬、凍えそうになりながら撮影をしました。いろんな人に支えられ今日この日を迎えられました」、武士の相棒となる刑事・来間譲一役の山田は「監督、キャストの方々、スタッフさん誰一人悪のいない現場で和気あいあいと楽しく撮影できました」と振り返る。

MCが溝端と山田に「宇宙のヒーローに転身! どんな敵と戦いたい?」と質問を投げかけると、山田が特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で宇宙を守るヒーローを演じていたことを知る観客からクスクスと笑い声が上がる。坂本が「ザンギャック」と「海賊戦隊ゴーカイジャー」の敵の名前を挙げると、山田は「それは僕がヒーローだった頃の敵ですね」とツッコみ、続けて「今、宇宙でアライグマが暴れてるんで、アイツを倒したいですね」と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」のロケットに触れて笑いを誘う。一方、溝端は「怖い敵は嫌なんで、『うる星やつら』のラムちゃんがいいですね(笑)。ラムちゃんにやられるなら幸せ」と楽しげに答える。

「異性に転身! まず最初に何がしたい?」という質問を受けた原は「女の子をナンパしてみたい」と声を弾ませる。その言葉に山田が「どうやってやるんですか?」と無茶振りし、山田が女の子役を務め原がナンパする寸劇がスタート。原に「すごいタイプで、ひと目見た瞬間に素敵だなって思って……」と言われた山田は「ヤバい、我慢できない」と原に抱きつこうとし、溝端に制された。

坂本は「僕は原作のアニメを観て育った世代。原作のファンにも、そして新しく『ポリマー』に触れる観客にも楽しんでもらえる作品になりました」と自信を覗かせる。最後の挨拶を振られた溝端は「興奮するところも、泣けるところも、笑えるところもあるエンタテインメント性の高い作品になりました。多くの方に観ていただきたいです」と述べ、イベントの幕を引いた。

(c)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会 (c)タツノコプロ

映画ナタリーをフォロー