映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

海を駆ける

海を駆ける

ウミヲカケル

解説

第69回カンヌ映画祭のある視点部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』の深田晃司監督が、『結婚』のディーン・フジオカを主演に迎えたヒューマンドラマ。インドネシアで災害復興の仕事をする女性とその息子が、ディーン扮する謎の男と出会い、彼の周囲で巻き起こる不思議な出来事に遭遇していくさまを描く。共演は太賀、阿部純子、鶴田真由ら。

ストーリー

インドネシアのバンダ・アチェに移住し、NPO法人で地震災害復興支援に携わる貴子。日本人らしき男が海で倒れているとの連絡を受けた彼女は身元確認に向かう。記憶喪失ではないかと診断された男にラウと名づけた貴子は、しばらくの間、面倒をみることになる。

2018年5月26日(土)公開 / 上映時間:107分 / 製作:2018年(日本=仏=インドネシア) / 配給:日活=東京テアトル

(C)2018 “The Man from the Sea“ FILM PARTNERS

(C) PIA

海を駆けるのニュース

映画ナタリーをフォロー