映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

日本映画プロフェッショナル大賞ベストワンは「ディストラクション・ベイビーズ」

564

「ディストラクション・ベイビーズ」 (c)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

「ディストラクション・ベイビーズ」 (c)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

ディストラクション・ベイビーズ」が第26回日本映画プロフェッショナル大賞のベストテン第1位に輝き、あわせて作品賞を受賞した。

日本映画プロフェッショナル大賞は、映画監督や脚本家、プロデューサー、宣伝関係者、評論家などからなる選考委員の投票と、実行委員会の独自の評価により決定される賞。

真利子哲也の監督作「ディストラクション・ベイビーズ」は、通行人への無差別な暴力をはじめとした“危険な遊び”に走る青年たちを軸に、若者の欲望と狂気を描いた作品。出演には柳楽優弥小松菜奈村上虹郎北村匠海DISH//)、池松壮亮らが並ぶ。

また個人賞も発表され、主演女優賞には「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、主演男優賞には「セトウツミ」「溺れるナイフ」の菅田将暉が選出された。なお、授賞式は4月13日に東京・テアトル新宿で行われる。

第26回日本映画プロフェッショナル大賞 受賞結果

ベストテン

1位「ディストラクション・ベイビーズ」
2位「淵に立つ
3位「リップヴァンウィンクルの花嫁」
4位「SHARING
5位「FAKE
6位「オーバー・フェンス
7位「ヒメアノ~ル
8位「永い言い訳
9位「団地
10位「セトウツミ」

作品賞

「ディストラクション・ベイビーズ」

主演女優賞

黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」

主演男優賞

菅田将暉「セトウツミ」「溺れるナイフ」

監督賞

森達也「FAKE」

新人監督賞

小路紘史ケンとカズ

新進女優賞

上白石萌音「溺れるナイフ」「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-
間宮夕貴風に濡れた女

特別賞

佐野和宏バット・オンリー・ラヴ

特別功労賞

荒戸源次郎(長年の功労に対して)

映画ナタリーをフォロー